DCプランナーを取得しようとしたきっかけは?

DCプランナーの資格の取得理由はこれがあると自分の仕事も有利になるかなという事があったからです。ファイナンシャルプランナーとして様々な仕事をしているのですが、金融関係の資格は多く持っていればいるほど自分の言葉の信用度が上がるという事を体験してきました。信用が一番の仕事をしていますので、この資格もあれば、年金関係の質問が来た時の返事にも信用してもらう事が出来るようになります。人はとても分かり易い反応をするもので、信用できる人からの言葉はすんなりと聞き入れてもらう事が出来るのですが、信用出来ない人からの言葉は耳には入りません。そして、見ず知らずの人を信用するのかどうかは資格の有無では判断される事が多いという事も自らの実体験として感じているので、これは取っておいて損はないし、これからこうした話題も増えてくると考えました。これから年金関係の話題は非常に多くなるでしょうから、仕事上必要となるという事があったわけです。

DCプランナーを取得して何か変わりましたか?

会社で総務の仕事をしていて、年金を従業員にすすめる時に、もっと自分に年金の知識があった方がいいなと思って、DCプランナーを取得の資格を取得しました。
DCプランナーを取得後には、年金加入を考えている従業員に確定拠出型年金やどの年金に入ればいいのかを、勉強した事によって以前よりも自信を持って説明できるようになりました。
またそれ以外にも資産運用や投資の知識も学んだことで、超低金利時代の現在でどこに自分の資産を投資して運用すればいいのかを自分で決められるようになりました。
それ以外にも転職時に資格の記入欄にDCプランナーと記載することで、転職希望の会社の人事関係者もそれなりの評価をしてくれてアピールポイントとして使えました

DCプランナーの勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

DCプランナーの資格はいまの仕事の中で必要だったわけではありませんが、これから転職を考えたときに必要だったために、資格取得を試みる事にしました。知識はある程度あったので、1からというわけではありませんでしたが、試験対策としての勉強はしっかりしていく必要がありました。そこで私が選んだ勉強方法は資格学校に通うという方法です。講義も実際に受ける事が出来ますし、テキストもその授業に連動しているのでとても効率が良いのです。勉強期間は半年ほどだったと思いますが、試験の日に向けて精一杯取り組むことができました。資格学校を選ぶのはとても良かったと思いましたし、口コミ評判を参考にしたのでその通りで満足な感じでした。

DCプランナーなるためにTACを選んだ理由は何でしょうか?

DCプランナーの資格を取得することは、私にとってスキルアップの手段でもありましたし、それを取得する事で仕事の幅が広がったり転職も考えていたので重要な事でした。働きながら資格を取得するというのは限られた時間の中で行わなければなりませんし、それをより効率良く進めていくためには講義などを受けていく方が良いと思い、TACを選びました。
資格取得のための会社は色々ありましたが、選ぶ理由としてコースの選択肢が非常に豊富であるという事も一つあげられます。短期集中でがっつり勉強するのか、入門コースのように1から知識を入れるところからゆっくりとしたペースで行うのか、また1度ある程度学習したのであれば、それを前提として模擬試験などを中心に受けていくかという方法があります。そのコース選択が出来るというのも優れている点でした。私はとにかく短期で集中して学習をしたかったので短期コースを選んでいきましたが、試験に出るようなポイントを抑えて講義も作られていましたし、それが実際にでたり、分かりやすい指導で満足度も高かったです。口コミ評価が高かったというのも選ぶ理由になります。多くの人が良いと言えばそれだけ選ぶ価値があるでしょう。

DCプランナーの試験対策テクニックやポイントを教えてください。

DCプランナーの資格取得のためには、やはり効率のよい勉強をすることがお勧めです。本屋さんでも参考書や試験対策の問題集が売られていますし、それをもとに勉強を進めていくという事でも可能でしょう。然し私がお勧めするのは資格学校を利用する方法です。難易度的にも少し高いとおもいますし、より内容の濃い授業を受けたりまとめられているテキストを使う事で理解力も高まります。実際に講座を受けると講師の声も耳に残りますし、分からないところが授業の後に聞くことが出来るというのもメリットとしてあります。
法改正については更新されているテキストを使わないと意味がありませんので、常に最新の情報を得ている資格学校のテキストであればその点も安心です。さらに試験の傾向にも絞って作られていますのでオススメできます。基本的には講義を受けて、テキストで復習をするという方法です。用語なども結構出てきますので、網羅すべく習得していく必要があります。この言葉を覚えるという作業は資格を取得してからも将来的に使うことが有るという思いもあったので、きちんと覚えていく事が大事です。あとは試験対策を資格学校でしっかりしてくれるので、そこに乗っかって頑張りました。

おすすめの記事