CFA「米国の証券アナリスト資格」資格を取得しようとしたきっかけは?

もともと外資系の職場で仕事をしていたのですが、投資関連のプロジェクトを扱うことがかなり頻繁にありました。部署が変わったばかりの頃に新しい仕事を任されてしまったので、日々困ることがたくさんあったのです。そのような時に先輩である上司からCFAを取得することをおすすめされ、勉強を始めてみることにしました。勉強をしているとCFAの魅力を知ることができるようになったので、真剣に勉強をしてCFAを取得したいと思うようになったのです。CFAの取得理由は興味を保つことができたことに加えて、その後の仕事にしっかりと役に立てることができそうと感じたことからでした。あまり周囲にCFAを取得している人が少なかったので、珍しさも取得理由になったと思っています。勉強は楽しかったので、苦にならずに取り組むことができました。取得した後は、仕事がはかどるようになったのでとても良かったです。投資分析の知識がかなり増えました

CFA「米国の証券アナリスト資格」を取得して何か変わりましたか?

外資系の証券会社で働いていた時に、CFAR資格を知って何か役に立つかもしれないと思って試験勉強をして取得しました。
試験は3次まであってかなり難しかったけど、外資系の証券会社でキャリアを積んでいたのでこの資格が一体何の役に立つのかさっぱり分かりませんでした。
CFARを取得後も特に会社から特に評価されたり、給料査定のアップにも一切関係なくて、何のために苦労したのか正直ガックリしました。
だけど外資系の証券会社から独立して投資ファンドを作って独立した時にCFARを取得とホームページで書くだけで、個人投資家の中には評価する人がいて、資格ってこんなにあやかる人がいるんだと正直驚きました。
CFARを取得後のメリットは、独立したら箔が付く事だと身を持って実感しました

CFA「米国の証券アナリスト資格」の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

CFA試験を受けようと思った時に、どのくらいの勉強時間が必要なのかを事前に調べました。私が調べたところ、Level1で250時間ほど必要ということでした。私の住んでいる近くに予備校などが無かったので、独学で勉強をしました。勉強方法はまず、どのような知識が必要なのかを知るために、一通りテキストを行い、その上で自分が分からないという感じるところを重点的に何度も行うようにしました。ゆっくりと余裕を持って予定を組んだ上に、テキストを購入してから実際に勉強するまでは少し時間がかかってしまい、実際の勉強期間は1年ほどでした。時間が取れる時は1日5時間ほど、仕事が忙しくなかなか勉強時間が取れなかったときは1時間も勉強することが出来ないということもありました。

CFA「米国の証券アナリスト資格」でTACを選んだ理由は何でしょうか?

グローバルに働いて活躍したいという思いがあったので、CFAの資格取得を目指す事にしました。CFAの資格が無くても今の職場では大丈夫なのですが、それを取得して更に高い所を目指していきたいという思いが強かったのです。世界的にも認められている資格ですので、興味は前々からありました。しかし難易度も高いという事で不安もあったので資格学校を選ぶ事にしました。
私が選んだのはTACでしたが、それを選ぶ理由としては経験が多いという事がまず第一にあげられます。開講して16年のノウハウがあるというのは大きな強みですし、それだけ対策がきちんとできるという事です。さらにCFAの試験は英語で行われるものですが、日本語ベースでの学習が出来るという点です。もちろんほかの資格学校であっても日本で学習するなら日本語であるとは思いますが、対策を日本語できちんとできたので理解度も高かったし良かったです。出題範囲がとても広い資格試験なこともあり、ポイントを絞って試験に出ると言われている所を学習すればよいという感じではないのが難しい所です。しかしそれを習得するためのノウハウがしっかりあるので、そこは頼って頑張ることができたと思います。

CFA「米国の証券アナリスト資格」の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

CFAの試験対策として有効なのは、最初のうちに自分が理解していないところをしっかりと理解するということでしょう。出題分量が多いところを最初に勉強することによって、後々の勉強が楽になってきます。他の勉強でもそうですが、人は一度の学習で覚えたと思ってもすぐに忘れてしまうものです。知識を定着させるためには、定期的に繰り返して勉強をすることが大切だと実感しました。分からないところを明確にするためにも、自分なりにまとめたノートを作ることをおすすめします。私の場合は、何度か解いても理解出来ないところを中心にノートにまとめていました。そのノートさえ作っておけば、どこが分からないのかをすぐに知ることが出来ますし、復習をする時にも役立ちます。CFAは勉強する範囲が膨大であるため、分からないところをまとめておかないと、いざ復習しようとした時に分からないところを探すだけでも時間がかかってしまいます。
試験が近くなってきたら、時間を計りながら問題を解いていくようにします。CFAの勉強は長期にわたるため、途中でモチベーションが低下してしまうことがあります。そこで、期間ごとに目標を決め、それに合わせて学習をしておくことがポイントになります。また、どうしても覚えることが出来ないということはその程度にもよりますが、思い切って切るという考えも大切です。

おすすめの記事