資格の学校TACは評判がいいですか?

TACが人気で選ばれる理由とは?

TACは、もともと公認会計士や税理士などの会計分野の資格試験に強い資格試験予備校でした。その後、司法試験などを中心に展開していたWセミナーを吸収し、Wセミナーのレーベルを残しつつ手広く予備校を展開しています。

そのため、現在では国家資格対策の講座を幅広いラインナップで提供し、また特色のある授業で高い人気を得ています。

では、TACの講座はどうしてこんなに人気があるのでしょうか。

その一つに、合格に直結した授業を行っている点があり、特に司法試験や司法書士で高い効率の講座が開かれています。

司法試験では、中村充講師の4段階アルゴリズムの授業では、インプットよりもアウトプットを重視した授業で、他の予備校とは一線を画した効率性を実現している点で特色があります。また、司法書士試験の講座では、山本浩司講師を中心にオートマチックシステムと呼ばれるインプットアウトプット同時進行型の講義が行われていて人気です。

また、TACでは会計分野の資格が伝統的に強いのは、資格試験業界では有名になっています。公認会計士試験では1次試験と2次試験がありますが、1次試験が年に2回開かれる点から、その日程に合わせ学習をスタートで切るカリキュラムが採用されています。

税理士試験では科目別合格が存在しているため、5科目一発合格を目指すカリキュラムもあれば、1科目ずつ合格していくカリキュラムもあり、受講形態がフレキシブルです。その点の、痒い所に手が届く姿勢も受験生の支持を集めています。

司法試験や公認会計士などの難関資格の他にも、行政書士や社会保険労務士などの中堅レベルの資格もTACはカバーしています。

中堅レベルの資格に関しては、資格試験の講座のほか、独学で学習する人のためにテキストを販売したり、独学道場と呼ばれる講座と独学の良いところを合わせた形態のサービスがあります。

独学道場では、テキストを販売すると同時に、テキストの理解を助けるミニ講座や模擬試験の受験を特価で受けられるなどのサービスが行われています。

TACの強みとしては、オンラインなどの通信で講座を行ったり、通学で講座を行ったりしているなど多くの受講形態を選べる点です。

通信での講座は、自宅で通学者と同じ講義を学習できるなど通学にひけを取らないのみならず、講義を繰り返し見ることができる点で有益だといえます。

また、通学講座でも欠席時のフォローアップやオンライン同様講義を繰り返し見られる点があり、通学講座はペースメーカーにもなる点で人気です。

TACの強みとは?

TACの強みは、業界トップレベルのコンテンツがあることです。受講生が試験合格を勝ち取るための努力を一切惜しみません。試験合格のための知識や技術に精通しているスタッフが、過去の試験内容と最新の試験動向を分析して、業界トップレベルのコンテンツを作り上げています。

提供するコンテンツは、業界でNO1を狙える内容になる様に労力を惜しまず全力を尽くします。資格試験の内容は法改正などが頻繁にされますが、効率良く受講生に試験に合格して貰うために、どう教えた方が良いかを日々研究しています。

もちろん、最新のIT技術やコンテンツ技術・指導技術も同じです。常に業界トップレベルのコンテンツになる様に作られています。

講師陣が素晴らしいことも強みです。業界トップレベルの講師を養成するためにお金・時間・労力を惜しみません。TACの講師養成は、TACが開催している模擬試験などで優秀な成績を残した受講生から指導する能力に長けていると思える人をスカウトします。

スカウトされた、講師の卵は各試験の合格を勝ち取るための知識と技術に精通したTACが誇る講師がOJT教育を行い一流の講師をつくります。こうして、業界トップレベルの講師が安定的に供給されます。

現在は、社会が複雑化していき、新たに高度な内容の資格が創設されていますが、迅速にそれに対応できる力がTACにはありこの点も強みです。

長年培われた資格合格のための知識や技術がそれを実現します。先に言いました、優れた講師陣が自分の得意分野をもちいて、新設された資格の内容に合わせたコンテンツを開発します。

もちろん、優れたコンテンツや講師を支える各スタッフも各分野に精通したスペシャリストばかりです。コンテンツ開発を支えるスタッフはIT技術に精通していて、運営スタッフは講師が気持ち良く行動できる様に常に考えています。

収益源も、個人教育事業だけでなく、法人研修事業・出版事業・人材事業などの収益源もあります。

それぞれの事業ノウハウを他の事業のノウハウにいかして、効率良く運営をしています。出版不況と言われる中出版事業は6期連続増収を実現中です。

また、人材事業も順調に増収しています。収益源を分散化することにより、会社全体で安定した利益を確保できます。

この様な、素晴らしい会社だからこそ、多くの資格合格者を輩出しています。高い合格実績を残せるからこそ、収益があがり、さらによいコンテンツと講師を用意することができます。

TACの特徴は?

世の中に資格取得をサポートする学校はたくさんありますが、TACには他の学校とは異なる特徴が多数あります。

たとえばオリジナリティの高い教材はその代表といえます。他の出版社が作ったものを使い回すのではなく、法律の改正や試験の傾向に合わせて、万全の状態になるように改良を加えているのです。

試験のパスに必要になるノウハウを至るところに盛り込みつつも、非常に分かりやすく整理されています。そのため参考書を読むことに慣れてない人であっても、スムーズに取り組めるということで評判が高いです。

習熟度を調べるための問題集も用意されているため、分からないまま読み進めてしまう心配もありません。自分の弱点をすぐに発見できるので反復してベースとなる力を養うのに適しています。

教材だけでなく、講師が優秀であることも忘れてはいけないポイントです。単純にその資格を持っているだけではありません。

受験対策のサポートに関しても高度なテクニックを有しているので安心して任せられます。資格試験に挑む人は時間を効率的に使わなければなりません。

それを実現するためにこれまでの試験を丹念に解析して、最短で合格水準に導く方法を編み出しています。

TACの特筆すべき点は、教材と講師がハイレベルであるうえに、学校としてのカリキュラムにも抜かりがないことです。

教材と講師をしっかり機能させるために、カリキュラムの構成ついて熟慮を繰り返しています。さらに学習のスタイルを充実させる取り組みに熱心であることも特徴です。

通学という一般的なスタイルだけでなく、通信による学習のスタイルも用意しています。

こちらは自分の都合の良いタイミングで受講できるので、仕事や家事などで忙しい人であっても困らずに利用可能です。

板書の内容をダウンロードできるので、自分でノートをとる必要もありません。スマートフォンでも受けられるので、通勤中や旅行先などあらゆる状況で学習が可能ということです。

そのような勉強のしやすい環境であっても、ついていけるか心配になる人もいると考えられます。しかし不明な点は講義の前後に講師に尋ねられるので安心です。

分からない点を残さない状態で次の講義に望めます。またコースによって利用回数は異なりますがメールでの質問も受けつけているので、自宅での学習をしっかり行いたい人にも向いています。このようにTACは、資格試験の対策に必要とされることを網羅している学校です。

おすすめの記事