資格を取得して稼ぐ方法はありますか?

サラリーマンなどやっていると、本当に今のままで将来安心して過ごすことができるか疑問に感じる人も少なくないはずです。

高度経済成長の時期ならば、全体的に右肩上がりになっていたためとにかく会社員として勤めていれば将来的な安定感を得ることができるようになりました。

しかしながら、高度経済成長期が終わり、不景気になってからは今まで絶対に倒産するはずがない会社まで倒産してしまい、自分が勤めている会社も将来どのような待遇になるか分からなくなり不安に思っている人も少なくないはずです。

そのようなときには、資格取得をすることで収入を安定させるようと考える人が増えてきた。ただ、資格で稼ぐといってもどのような資格ならば稼げるかを頭に入れておかなければできません。

近くで稼ぐ場合には、基本的に簡単なものでは稼ぐことはできないと考えておきましょう。例えば、1年程度の勉強で合格してしまうような試験では、給料にプラスアルファされる程度になるもののそれだけで生活が潤うわけではありません。

もちろん資格で稼ぎたいならば、ある程度人気があって難易度もそれなりに高く、それでいながら十分な収入を得ることができるものを目指すべきです。

一昔前ならば、司法書士や弁護士などが人気でしたが、試験が難しいだけでなく競争率が激しいのは試験が終わってからの方であり、資格を持って事務所を構えたにもかかわらず破産する人まで出てきました。

例えば、司法試験の場合には弁護士になるために5年以上の時間がかかりそのあと研修などを行い結果的に志してから8年から10年後ぐらいにようやく弁護士になれる人が多い傾向です。

ところが、10年も経過してしまうと時代が変わってしまい今まで魅力的だった仕事のはずが稼げない仕事に変わっていくことも考えられるでしょう。

このように考えると、単に資格を取ればよいわけではなく、将来役に立つ資格を考えなければなりません。

そのためには、時代を読む力も必要になりますので、経済新聞などでこれから日本はどのようになるかをよく勉強しておくことが大事です。

資格を取得した理由で稼げるからというのは企業からするとどのようにみられますか?

資格で稼ぐといっても簡単なことではありません。

例えば東証一部上場企業で有名なソフトバンクは入社する前にTOEICスコアを最低でも600点以上取っていなければ、所属する部署が決まらずそれがクリアできるまで研修期間中とみなされます。

社長自らが国際的に通用するには英語が必須条件であるとIT関連企業では特にその傾向が著しい傾向にあり、また、一部上場企業で世界中に拠点や工場がある場合、転勤などがあるため管理職でも部長クラスではTOEICスコアをクリアしなければ昇格できないと規定されている会社もあります。

日本は特殊な地形で海外と離れていて外国語を使うことが習慣にはなりにくい傾向にあります。

日本国内で英語は日常的に必要ではないため使わなければ忘れてしまいます。言葉で資格を取得したといっても企業でもそれだけの支払うに値する価値がある、また一部上場企業では認められている規定があれば自慢できることでもあります。

ただし、会社によって違う場合がありますので自分がどのような仕事をしたいのか、また得意分野で会社に貢献できるなおかつ会社に入ってから資格を取るためにバックアップ体制を取っていて、そのような上司や先輩方がいるのか調べてみたほうが将来的に自分の能力をレベルアップさせる近道となります。

資格を取得するために自分がしてきたことをノートでまとめておくと後々役に立ちます。実際に自分でしてきたことで分かりやすく人に教えられることにもなりますし、企業でも海外留学経験がなくても努力すれば英語が身についた人がいるとのことで注目されるはずです。

環境が整っていない国内でなおかつ会社に入ってから自分の休日ややりくりした時間の中で資格を取るというのは、生半可な努力で出来るものではありません。

ちなみにソフトバンクでは2015年までの3年間の間にTOEICスコア900点以上取ると100万円という報奨金がありましたが、これはモチベーション向上ではなく、英語ができなければソフトバンクでは仕事はできない、という意味合いで取りそれを実現させた人はやはり伸びる人と見られる傾向があると言えます。

資格を取得したことを評価してくれる会社を探すにはどうすればいいでしょうか?

資格 会社評価を求めるなら、誰かに間に入ってもらうのが賢明です。

何故なら自ら資格の取得をアピールしても、あまり効果がありません。

自分から頑張りましたと言うよりは、人づてに聞いた方が採用する側も好印象でしょう。

そのため自分のそういった頑張りやスキルを会社に伝えたいときには、専門機関を通じて伝えた方が評価も上がります。

そして肝心のその専門機関には、転職エージェントがあります。

転職エージェントは色々なパイプを持っており、同時に優秀な人材を会社に紹介する役割も担う仕事です。ですから彼らに頼ることで、間接的にあらゆる会社へ自分を売り込むことも可能になります。

また、その資格がどういう価値を持つのかも判断できます。

例えば業種によって必要とされる資格は変わるわけですから、会社が変わればその資格への評価も変わります。

そういった相場の把握ができるのも、転職エージェントの魅力でしょう。

ちなみに転職エージェントは、必ずしも転職の意志がある人しか利用できないものではありません。自分が社会の中でどれほど必要とされる人材なのか、そうした判定も大体の範囲で教えてくれます。

資格 会社評価を求めたいときには、思い切って自分全体の評価も探ってみてください。

忘れてはいけないのは、資格への評価には2種類あるということです。

その取得した資格そのものを褒める場合と、何の資格であれそれに挑み合格したことを褒める場合もあるでしょう。

ただ社会全体で見れば、重要視されるのは圧倒的に前者の方です。

何の資格か次第では、一気に社会的地位を上げることもできるかもしれません。

やはりこうした観点からも、様々な会社からのニーズを把握している転職エージェントがおすすめです。

逆に、評価を集めやすい資格の紹介もしてもらえます。

自らのスキルアップのためだけでなく社会的評価も上げたい人は、資格選びの段階から転職エージェントを活用するのも有意義です。

取得した甲斐があったと言えるような、資格選びを目指してください。

おすすめの記事