貸金業務取扱主任者資格を取得できたのはTACのおかげです。

貸金業務取扱主任者を取得しようとしたきっかけは?

貸金業務取扱主任者資格の取得理由は、金融系の会社に勤めているからです。自分の会社は貸金業は行なっておりませんが、貸金に関わる審査業務を請け負っており日常的に貸金業務の知識は必要になります。もちろん貸金業務取扱主任者の資格は持っていなくても仕事はできます。ですが、貸金業務取扱主任者の試験を受けるために勉強することで、より日常で行なっている業務に知識をフィードバックができ、正しい知識にて業務を行うことができるようになりました。もう一つのきっかけは、現場の部下への指導の際に理由を聴かれた時に回答に困ることがあったからです。自分のためだけではなく、資格を取得することで現場にて周囲のメンバーに指導をする際に、法令違反を起こさないためにも正しく根拠のある指導することができるため、職場での意識もより法令遵守の方向に導いていくことができます。将来現場の責任者を担っていくためにも知識としても資格としても必要なため、貸金業務取扱主任者の資格を取得しました

貸金業務取扱主任者を取得して何か変わりましたか?

一口に貸金業と言ってもさまざまな職業がありますが、私の場合には大卒後の大手銀行への就職でした。もちろん貸金業務取扱主任者の資格がなくても勤めていける職業ですが、やはり企業の中で上を目指すのであればこの資格はあっても決して邪魔にはならないものだと考えて、仕事をしながら取得を目指したのです。まだまだ女性は日本の企業の中ではお飾りの部分が多く、一緒に大学で学んだ仲間も男性の方が優位に立っています。そこで貸金業務取扱主任者を取得したお陰で、取得後には少し男性の同僚と肩を並べられるようになったと感じられます。また会社へも自分のやる気が示せたと考えており、一段とキャリアを積む気にもなり毎日が充実しています

貸金業務取扱主任者の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

貸金業務取扱主任者の資格を取得するためには、勉強をするわけですが私は資格学校を選びました。1から自分で全て参考書などを購入して勉強するというのはきがひけましたので、その講座を利用して教室に通ったり、テキストを使って復習をしたり知識を深めていくという事で行いました。そのため勉強方法はという事になりますと、資格学校に通って講義を受けて復習をする、そして予習をするという事で学校を利用するのは便利でした。勉強期間は3か月ぐらいでしょうか、少しペース的には大変に感じる事も有りましたが、短期コースで受けると一気に進めることができますので時間が無いという方にはとてもお勧めの選択肢だと思います。是非講座を受けてみてください。

貸金業務取扱主任者でTACを選んだ理由は何でしょうか?

私は昨年貸金業務取扱主任者資格を取得しました。金融業界に勤務しているので、貸金業に関する知識を深めるとともに、実務に知識を活かして適正な業務をこなせるようになりたいと考えて受験することを決めました。
参考書を購入して学習する方法が最も経済的ではありましたが、やはり確実に合格したかったことと、付け焼刃の知識ではなく広範囲にかつ深く知識を獲得したかったので、専門の教育機関を利用して学習をすることにしました。
結構たくさんの専門教育機関がありましたが、私はTACという学校を選択しました。このTACを選ぶ理由としては、知名度が高かったことが第一ですが、その教材の質の高さと分かり易い講師の方の説明があったことが大きなポイントになりました。TACで提供される教材は、合格に直結した効率の良い学習が進められることはもちろんのこと、実務面でも生かせるような実践的な知識がたくさん掲載されていました。また、問題集は実際の試験に出題される可能性が高いものを掲載してくれており、効率よくインプットとアウトプットの学習が進められました。講師の方の説明はさすがプロといったところで、分かり易くポイントが抑えられていると感じました。

貸金業務取扱主任者の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

大学を卒業してクレジットカード会社に入社しました。さまざまなお客様の相談に対して、きめ細やかなサービスを提供できるよう自分自身がもっと成長しなければならないと痛感したのです。そこで、貸金業務取扱主任者の資格を取得することになりました。最初はなかなか勉強のコツが掴めずに悩んでいたのですが、徐々にどうすれば成績が効率的に伸びるのか理解できるようになったのです。テキストを隅々までしっかりと熟読することで貸金業務の流れが一目でわかるようになり、審査方法や顧客へのスムーズな対処を習得することに繋がりました。
また、試験対策としては、筆記に備えて債務内容の正しい読み解き方や冷静な判断力を重点的に学ぶことを心がけたのです。その結果、無事に貸金業務取扱主任者試験に合格することができました。ビジネスシーンにも大変役立っていて、早めに勉強しておいて正解だったなあと実感しています。テストに役立ったテクニックは、常に客観的な目線で正確な計算を徹底することにありました。常に頼りにされる金融のスペシャリストとなれるようこれからも努力を重ねていきたいと考えています。お客様の立場に立って細やかな心配りを忘れずにサポートしていくつもりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする