財務報告実務検定合格体験記

財務報告実務検定を取得しようとしたきっかけは?

財務報告実務検定という資格は、あまり聞き慣れないと最初のうちは感じていましたが簿記を勉強したことがあると簿記に関連をしている財務諸表論という科目の理解が早いということがわかったことがきっかけとなり勉強をするようになったのが取得理由と言えるものです。簿記の2級を持っているとその後の勉強が非常にしやすいということを友人たちからも聞いたり、また大学に通っていたときも財務諸表論の勉強をしていたこともあり、そのほかの知識に対してもそれほど抵抗が無い状態で学習を進めていくことができたと思います。はじめのうちは簿記を勉強したことや財務諸表論を勉強をしたことでこのような知識を生かせるということや将来的に必ずどこかで約二立てられるものなのではないかというような漠然としたものですたが、企業などにおいては欠かせない資格のひとつであり財務報告に関する書類の作成などをおもに行なうという大切な仕事なんだなあということを知りました。

財務報告実務検定を取得して何か変わりましたか?

財務報告実務検定というのはあまり知られていない資格ですが、財務諸表論の勉強の経験が多少はあったということで資格の取得に向けて勉強をしました。高等学校までの勉強の中心となるのは英語や数学や国語、理科や社会などでそれぞれについては深い学習もありますが、大学や専門学校などに入学をすると学習する内容というものが一気に変わり法律や経済学や経営学などのいままでにはまったく馴染みのないような内容のことを学習します。このようなときに、特に初学者にとっては専門的な内容のこともあるため財務諸表論などの経営学や経済学などに関する内容をわかりやすく教えてあげられるということが資格の取得後には非常に役に立ったことと言えます。

財務報告実務検定の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

財務報告実務検定を受けたいと思ったのは、今の仕事のスキルアップのためです。色々な知識を得られますし今の仕事をしていくうえでもそれを使って有利に仕事が出来るという事があったので検定試験を受ける事にしましたが、そのためにはいかに効率良く勉強するかというのはポイントになってきます。私が選んだのはTACという資格学校です。勉強方法はと言われると、ほとんどそこの講義を受けてテキストを利用して復習するという方法でした。講義はDVDなどでも受ける事が出来ますし、生活スタイルに合わせて学習の方法を選択出来るのがとても良かったと思います。勉強期間は3か月ほどだったでしょうか、結構集中して頑張りましたがテキストが良かったです。

財務報告実務検定でTACを選んだ理由は何でしょうか?

財務報告実務検定はTACで受講をしたものですが、選ぶ理由は簿記の講座がわかりやすこったことがまず挙げられます。財務報告実務検定を受験したきっかけというのは、簿記の学習の経験があったということから簿記の知識を生かせる資格を取得したいと思い、そのステップアップとしてチャレンジしました。簿記の学習をしていたときもTACの講座や参考文献などが非常にわかりやすく、模擬試験も本番さながらに役立てられたと感じています。このようなことから簿記や会計に関する商業系の検定のものはTACの関連のものが自分にもあっていると思います。またTACは大手の専門学校のひとつでもあり、ほかにもあらゆる講座や模擬試験、過去問なども充実しておりなんといっても解説がわかりやすく見やすいテキストで疑問を残すということがなく、どんどん先に進めていける教材が素晴らしいものです。直前にもチェックしやすい参考文献もあり、通信講座などで併用していくことでより理解を深められるものでメリットは大きいと言えるものです。初学者にもわかりやすいもので、予習にも復習にも適した教材でこれから新しい勉強をはじめられる方にとくにTACの教材はおすすめです。

財務報告実務検定の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

学生の方や実務経験がない方であれば、財務報告実務検定をパスすることはできないのではないか、と心配してしまうことがあると考えられます。財務報告実務検定の試験対策に着目したとき、公式テキストというものが基本となります。財務に関係する仕事をしたことがなくても、公式テキストを独学で理解すれば、一定のレベルに到達することが可能です。この公式テキストで知識を蓄えながら公式問題集を解いていけば、より高い学習効果を得られると感じています。実際、私自身もこの方法で実力を高められた時期があり、そのときの努力で得た知識は、後になっても役立ちます。財務報告という分野の性質上、公式テキストについてはある程度のまとまったボリュームになっています。そのため、効率的な学習を目指したい方には、財務報告実務検定の開示様式理解編における重要ポイントと精選問題がおすすめです。計算問題に強くなりたいという方には、サブテキストとして用意されているものがあります。それは財務報告実務検定の開示様式理解編における計算問題対策問題集です。この問題集を有効に活用すれば、計算問題に対して臆することなく挑戦できるでしょう。その他、初心者の方でも理解しやすくまとめられた参考書や問題集などがありますので、実力アップを目指し効果的に活用していただきたいです。

おすすめの記事