証券外務員を取得しようとしたきっかけは?

証券外務員の取得理由は証券会社で働くためです。大学生のときに新卒で証券会社への内定をもらいました。その後、入社するまでに証券外務員を取得するとように、内定をもらった証券会社から言われました。証券会社で働くためには証券外務員は必須の資格です。お客さんに株式などの証券を提案できないだけでなく、問い合わせにすら答えることができません。入社するまでに取得できなかった同期は、入社後に証券外務員が取得できるまで電話も取ることができませんでした。電話番という新人がするように仕事すらできないので、仕事中も自分の席で勉強させられていました。私は在学中に、会社が用意してくれた教材で勉強して取得できました。証券の知識は全くありませんでしたが、1ヶ月くらいしっかりと勉強すれば大丈夫でした。同期の多くは、私と同様に在学中に一発合格ができました。しっかりと勉強すれ番取得できますが、覚える量が多いので一夜漬けでは受かりません。

証券外務員の勉強をしてから何か変わりましたか?

証券外務員を取得したのは若い頃です。取得後、某証券会社の店頭営業職として、5年ほど勤務し
その間、商品知識を得ながら顧客の資産運用のアドバイスなどに努めました。
退社後は、新商品の勉強もしながら家庭の貯蓄運用などに役立てました。
証券外務員といえば、一昔前までは証券会社店頭がメインだった外務員も、ネット証券や大手銀行などでも同じような商品を扱うようになったため、
取得後の雇用ニーズが広がってきたように思います。銀行が窓口になれば、ご相談相手は主婦の方などが多くなります。
復職後は、ネット証券のコールセンターなどで、オペレーターとして顧客のアドバイス業務など行っています。
取扱がメインというより、商品の説明などの問い合わせが多いので、女性には向いていると思います。

証券外務員の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

証券外務員2種の資格試験を受けたのは今から9年前になります。当時はファイナンシャルプランナーの資格の勉強をしてました。その試験に受かった後にもっと金融商品の知識を身に付けたいと考えたので、証券外務員2種の資格試験の勉強を始めました。もともとファイナンシャルプランナーで金融商品に関する知識を身に付けていたので、スムーズに勉強をすることができました。勉強方法はテキストと過去問を本屋で購入して、あとはテキストを読み込んで過去問を解くという行為を繰り返し行いました。勉強期間はだいたい1ヶ月くらいでした。ファイナンシャルプランナー試験で勉強した知識を活かすことができましたので、比較的短い勉強期間で済みました。

証券外務員でTACを選んだ理由は何でしょうか?

金融機関での勤務の際に証券外務員の資格を取得することが条件でした。これは会社に入ってから先輩や上司の方々に言われたものですが、会社がTACさんとの信頼関係にあったためかこちらを選んだ理由には会社が勧めてくれたから、といったものになります。
ただ実際に選ぶ理由としては、上記のように会社がお勧めするものであったからという理由がありますが他の金融機関に勤務している方もTACさんにお世話になったと伝えていたため評判が良いのではないかなと感じました。
なお、当時は証券外務員の資格を取得することが義務であったと同時に、取得をする際には例えば家での勉強などを実施するなど更にレベルアップを図る方に向けては、お金なども援助してもらえる会社であったため向上心が高い方は自宅での勉強も必死に行っておられました。選ぶ理由にはこのように「会社がお勧めしていた」ということが最たる理由ではありますが、会社の先輩方もTACさんを選んで良かったとお話をされていたために、色々な方からの評判が良いのだなということは感じました。
また、余談ですが証券外務員の資格を取得することで会社内での仕事、特に営業はしやすくなりましたので、TACさんにもお世話になりましたし会社での仕事も楽しいものでした。

証券外務員の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

あくまでも私個人の体験談ということになってしまうのですが、「証券外務員の資格を取得することはとても難しい」と会社から指導がありました。
レベルがいくつかありまして「一度では受からない」という方が多かったこととから試験対策のテクニックとしてはひたすら何度も、文章を読み込み頭に叩きいれるというやり方を行っていました。また、テクニックやポイントとしては必ず何度も反復して学習をすることを心掛けていました。前日は勿論なのですが、可能な限り隙間時間が出来た際には、証券外務員の知識を習得しようと空いた時間をそちらに費やしておりました。
前日には体力を消耗してしまうから勉強を行わない、そのまま試験に臨むという方もおられましたが残念ながら不合格となっておられましたので、前日には必ず試験対策はされた方が良いように感じました。私は先輩方や上司の方のアドバイスのお陰で、どれだけ困難かを理解させていただいていたために試験対策としてはとにかく何度も反復で勉強を行うこと、色々な問題を解いてみることを実践し、一度で合格をさせていただけました。
また、本当に隙間時間を使って何度か日にちを分けて同じ問題を解いてみると理解していたつもりの出題を間違えていたなどのトラブルを防ぐことが出来ましたので、こちらも試験対策としては良かったです。

おすすめの記事