自動車保険の選び方と事故対応

自動車保険の加入はどこで?

自動車保険を選ぶ際に考えるべきことは何でしょうか。最も優先すべきなのは、対応が丁寧で早いか、サービスがしっかりしているかという点です。もちろん安さも大切ですが、いざ事故になった時に本当に助けになる保険内容かどうかもしっかりと見ておきましょう。

もし、知り合いなどが保険会社や代理店で働いているならお願いするのが良いかもしれません。

申込方法としては、代理店を通して申し込むのと、自分で直接保険会社に申し込む方法とがあります。安いのは、直接申し込む方法ですが、全く知識がないのであればリスクもあります。実際に事故を起こしてしまった時に必要な契約に入っていなかったことに気づき大変な思いをすることがあるかもしれません。

代理店で申し込みを行うと少し高くはなりますが、いろいろな考えられるケースをあげて親切に提案をしてくれることもあり、安心して解約を結ぶことができ結果的にはこの方が良かったということも多いようです。

いずれにしても、まずは少し自分も自動車保険について学んでおくことにしましょう。そうすれば自分で一番合う保険はどれかを探すこともできるようになるかもしれず、最もベストな契約を結ぶこともできるかもしれません。他の人のアドバイスも参考にしながら少し学ぶことにしまし

事故を起こした時の対応

ほとんどの方は自動車保険に入っておられると思いますが、それでも実際に事故を起こしてしまった場合あわてずに対処することができるしょうか。

事故の過失割合に関しては、説明をちゃんとできるかどうかによって変わる場合がありますので、状況をしっかり覚えておくことは大切です。まずは状況をきちんとつかんで、必要な行動が取れるようにすることが大切です。

まず一番優先すべきなのは人の命です。車が壊れたとしてもそれは後で解決できますが、命は2つとありません。車がかかわる事故では、被害者の命は危険にさらされるケースが非常に多くあります。まずすべきは119番で救急車を呼びましょう。そして、警察がしばらく知ればきますので、現場のものはできるだけあまり動かさないようにし、現状に近い状況を見てもらうことが一番です。しかし、実際の状況としてはそうはいかないことも多々あります。後から来た車がさらに2次事故を引き起こしかねない状態であれば、それを防ぐ措置を取らなくてはなりません。

警察と救急に連絡した後は、保険会社に連絡をしましょう。その際きちんと正確な状況を伝えておくなら、後の混乱を避けることができます。保険を使うかどうかに関わりなく、これらを行っておくことをおすすめします。

少し昔のことになっているかもしれませんが、救命はどのようにするのかを自動車学校でも教わっていることでしょう。被害者の方とも話し合うことができるように落ち着いて状況にあった行動を取りましょう。

ょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする