自動車保険の失敗しない選び方

自動車保険の選択

現在非常にたくさんの種類の自動車保険があります。その中で実際にどの保険にするかによって大きな違いが生まれてきます。以前は、どの自動車保険にもそれほど違いがありませんでしたが、最近は様々な種類のサービスがなされるようになってきたため、会社によって差が出てきました。

まずは、見積もりを幾つもの会社に出してもらって、その中で判断していくことができます。受けられるサービスと値段を比較検討していくわけです。ただし、これを行っていくには、たとえインターネットを使った見つもりであったとしても、かなり手間と時間がかかることになります。

自動車保険一括見積もりサービスというのをご存知でしょうか。これを活用すれば、それほど苦労せずとも見積もりを行うことができます。このサービスによって保険会社の見積もりをまとめていくつも取ることができるのです。その中から、自分に最も合う保険はどれか、費用はどのくらいかなどをしっかりと調べてから決めることにしましょう。

自動車保険を変える

もし、車を新しいものに変えた場合は、車両入れ替えをするため早急に保険会社に連絡しましょう。もし、それを忘れたままでいるなら、無保険で自動車に乗っていることになり事故後も当然補償はされませんので要注意です。

新たに車を購入した販売店で、車両入れ替えを代わりに行ってくれるところもあるようです。ただし、その場合はきちんと手続きが完了し保険が効いた状態になっているかどうかを確認しましょう。もし、車両保険にも入っているのであれば、車が変わると保険料もかなり変わることがありますので確認する必要があります。

ほかに気をつけるべき点として、家族限定特約や年齢制限の特約などを変更する場合、使用者の今までとは変わってくることがありますので注意が必要です。友達に車を貸す場合、結婚後に、妻もしくは夫がその車を乗るようになる場合、子供が車を使う場合などは特にその条件下で保険が適用されるかどうかを確認しておきましょう。適用させるために追加で保険料を払う必要のあるケースもあります。

自動車保険の変更

色々な自動車保険サービスがありますので、ほかの会社のサービスも魅力的に見えてくるかもしれません。まずは、契約内容をしっかり見直してみることから始めましょう。

インターネットを使って見積もりをできるサービスがありますが、それをしっかりとチェックしておいて、その後今の保険会社と話して交渉することもできるかもしれません。絶対ではありませんが、時には良い条件で契約をし直すことができることもあります。

条件の中でも、ロードサービスの付いているものと付いていないものではかなり変わってきます。そのサービスがない場合はJAFを使うことが一般的ですが、実はクレジットカードにロードサービスが付帯しているものもありますので、これを覚えておくとかなりコスト削減にもなります。

どうしてもJAFを呼ぶと有料になるばあいがありますが、クレジットカードのサービスでは、無料でサービスを受けられる場合が多いのです。ETCカードにはそのサービスが付帯しているものが多いようですので、ぜひ使えるものは活用していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする