経理実務・税法実務を資格スクールのTACで学びました。

経理実務・税法実務でスキルアップしようとしたきっかけは?

経理実務・税法実務を学ぼうと思ったきっかけは、元々大学で学んでいることだったからです。新たに何か始めても良かったのですが、ゼロから自分一人の力でスタートするのは効率が悪いと考えて、それなら大学で学んでいるこの分野の方が良いと感じて選びました。大学での講義でも苦手ではありませんでしたので、もっと勉強すればある程度のレベルにまでいくのではないかという自信もありました。
その頃大学3年でしたので、就職活動を有利に進めたいというのも取得理由の一つになっていました。先輩達が就職活動に苦戦していて、特に女性はかなり難しいといわれていましたので、1年くらいでは状況は変わらないだろうから実力をつけておく必要があるとも考えました。それには、学校で良い成績を取るだけでは不十分ですので、資格を取得しなければならないと考えました。勉強し始めたら予想していたよりも難しかったのですが、それでも頑張って1年続けて取得できました。

経理実務・税法実務を取得して何か変わりましたか?

経理実務・税法実務を取得したのは、それまで担当していた人間が転勤となり、誰もやり手がいなくなったため、最も身近であった私が押し付けられるようにして担当することになったのがきっかけです。
経理や税務は門外漢でしたのでいやいやでしたが、他にやる人がいないのでやる以上はしっかりと身につけようと頑張りました。
取得後、それが私のビジネスパーソンとしての武器になり今でも役立っています。それまでの大企業を卒業して小企業に転籍したのですが、この時に実務的に仕事をこなせ、税理士の先生からもおほめの言葉をいただきさらに精進しました。その結果、税務戦略・経理戦略というレベルまでグレードアップでき、ビジネスパーソンとしての寿命がグーンと長くなり、今や悠々自適の生活を過ごすことができるようになったという次第です。

経理実務・税法実務の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

経理実務・税法実務を着実に身につけるためには、効率的な勉強方法をすることが肝心です。夜だと眠くなってしまうため、自分は朝早く起きて1時間集中的に勉強しました。その方が頭がスッキリと冴えていて記憶力が増したと実感しています。また、勉強期間は大体半年ほどでした。あまり長く時間をかけずに短期間で学んだ方が成績がアップすると感じましたし、それで正解だったと自信を持っているのです。
初めて学ぶ経理実務・税法実務は高度な内容で難しかったですが、毎日コツコツと努力を積み重ねていくことによって飛躍的に成長できたと感じています。自分に合った正確な計算方法を習得できて、仕事にも役立ったのではないかと期待しているところです。

経理実務・税法実務でTACを選んだ理由は何でしょうか?

経理実務・税法実務の資格を取得したいというのは少し前から考えていたことではありますが、少し特殊な資格でしたので1から勉強をして試験を受けるまでに色々習得できるかという不安がありました。そこで口コミ評判の良い資格取得のための会社を選ぶ事にしました。私が選んだのはTACというところで、資格を取得しようと思った時には名前を見る事も多いかも知れませんが、私はその時初めて知りました。口コミなどで拝見して高評価だったのが選ぶ理由の1番でしたが、実際にサイトを見てもそのコースの豊富なところには驚かれる方も多いのではないでしょうか。かなり幅広く資格も別れたコースがありますし、一つ一つの資格取得のためのコースをみても分類が細かくされているので、自分に一番必要な所を選択出来るというのも良いです。
短期集中なのか、ゆっくり1から入門で受けるかというのは第一の選択肢となるかもしれません。私の場合には全くの初心者でしたので入門から受ける事にしました。講義の内容も初心者でもわかりやすいような説明で、タダ自分で参考書を読んで勉強するのとは全く違い、それが耳から入ってくるというところでもとても良かったです。満足できる会社でした。

経理実務・税法実務の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

経理実務・税法実務の試験対策は他のここととも共通しますが、基本と実務ということを意識して両面から取り組むのが、回り道のようでも合格への早道となります。
テクニックやポイントを早くつかみたいという気持ちが強いと、いきおい問題集を片端から解いていくということになりますが、それはどちらかというと実務的な意味合いとなります。出題傾向を掴むとか間違いやすいことに注意できるという点では優れていることは確かです。しかしながら経理とか税務に関する基本的なことがおろそかとなって、目先のことだけに関心が集まるという弱点も抱えています。
基本的なことは、やはりテキストをきちんと読みこなすということが何よりも大切です。そこをきちんと行うことが、本当の実力に繋がるので、これから先に経理実務や税法実務を活かしていこうという人にとっては、許される時間をフルに使うくらいの姿勢が必要になります。もう一つは可能であればシミュレーションを体験することです。具体的には会計ソフトや税務ソフトを実際に動かします。これを行うと、頭でわかっていたことが身体でも覚えるということになり、実力がさらにアップするということになります。
セオリーとセンスが相まうということになるのです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする