米国公認管理会計士を取得しようとしたきっかけは?

米国公認管理会計士の取得理由は、アメリカで就職をしたいと思っていたからです。アメリカの現地で仕事をするためには、自分の力を証明することができる力を求められると思っていました。しかし、当時は自分の力を客観的に証明することができなかったのです。そのために、会計士として仕事をすることを希望していた私は米国公認管理会計士を目指すことにしました。

もともと英語が好きだったので英語力を磨きたかったことも米国公認管理会計士を目指したもう一つの取得理由です。語学留学をしたことがあったのですが、語学の学習をただの趣味程度では終わらせたくありませんでした。それよりも、もっと確実に米国公認管理会計士としての仕事と結びつけたいと思っていたのです。米国公認管理会計士という仕事は、英語と会計の両方の分野に興味を持っていた私にとってはぴったりの仕事であったと思っています。それらの自分の興味の強さは、取得理由を後押しすることになりました。

米国公認管理会計士を取得して何か変わりましたか?

米国公認管理会計士を取得してからはアメリカでも仕事ができるようになったので、よりグローバルに仕事をすることが可能になりました。米国公認管理会計士の取得後はアメリカのクライアントと仕事をする機会が増えて、国内外の大きな役割を担うことが出来ています。取得前の自分は決められた範囲でどのように成果をあげていくかと悩んでいましたが、今はその時の自分の考えがいかに狭かったかを知りました。留学経験があり、英語はそれなりに読み書きが出来ていましたが、勉強をしていく過程で英語を理解することが出来て、理解力は増しました。もちろん発音もよりネイティブに近いような発音を心掛けています。スカイプなどを使って会議できるので、拠点は日本においています。

米国公認管理会計士試験の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

日本は不況から抜け出せそうも無かったので、アメリカで働くために米国公認管理会計士資格を取得しました。
どうやって勉強すればいいのか解らなかったので、取り敢えず資格試験の専門学校に通う事にしました。
そこで専門学校でどのぐらいの勉強期間が掛かるのかを説明されたら、簿記とかの資格も必要になるので簿記資格1級を取った方がいいと言われて、最低でも半年ぐらい掛かると言われましたが、授業をびっちりと埋めて4カ月で終了させて、勉強方法としてはその授業で学んだ事を反復的に繰り返し勉強して、暗記するところはしっかりと暗記しました。
受講終了後2か月間納得いくまで繰り返し勉強してから試験を受けました。
その結果勉強期間半年で資格を取れました。

米国公認管理会計士試験でTACを選んだ理由は何でしょうか?

米国公認管理会計士でTACを選んだ理由は合格率が高いからです。資格取得を目指すときは自己流で行うよりも学校に通った方が合格率は高いです。理由は学習習慣が身につきやすい、周りにライバルがいるなど色々ありますが、一番はお金を支払っているから時間を無駄にしたくないと思うという点です。今は勉強方法は様々なので、何を基準して選ぶのかが重要になります。例えばフルタイムで仕事をしながら米国公認管理会計士の取得を目指す場合、まとまった時間を確保するのが難しいです。しかし、それを言い訳にしていてはいつまで経っても資格を取得することは出来ません。なので、無駄な時間をなくしていきます。何となくテレビを見ている時間や、ゴロゴロとしている時間をゼロにします。これだけでも1時間くらいあると思います。1日1時間、これを30日繰り返せば30時間です。小さな積み重ねでも繰り返していけば大きなものになります。フルタイムで仕事をする必要がない学生などはTACを利用することをお勧めします。TACを選ぶ理由は豊富な実績に裏付けされた学習計画です。勉強が苦手な人はまずは短期的な目標と長期的な目標を立てることから始めてみましょう。

米国公認管理会計士の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

私は大学卒業後にエンジニアとして働き始めたのですが、仕事で悩むことが多くなり、精神的にもつらい出来事が重なって5年目に離職してしまいました。職業安定所に通いながら仕事を探していたのですが、やりたい仕事もなく自宅に引きこもりがちな日々が3ヶ月ほど続きました。そんなときにアメリカに住んでいる友人に遊びに誘われて、アメリカに行きました。私は大学時代にアメリカに留学していて、半年ほどアメリカで生活した経験があります。なので日常会話程度の英語は話すことができました。友人と共に遊んだりしているうちに、アメリカならば私の好きなように仕事が出来るかもしれないと思い、そのままアメリカで米国公認管理会計士の勉強を始めました。アメリカで現地の学校に通いながら試験対策を行いました。アメリカで勉強をするメリットは英語を話す能力が飛躍的に伸びるという点と、いずれ働くであろう国の文化を知ることが出来るというところです。貯金は200万円ほどあったのですが、あっという間になくなり、親に借金をしながらアメリカで資格取得に向けて勉強しました。30歳になったときに資格を取得することが出来て、アメリカで働き始めました。今では自分の選んだ道は間違いなかったと思っています。

おすすめの記事