簿記検定を取得したきっかけは?

私の簿記検定の取得理由は事務職に転職するためです。
これまで接客業で働いていましたが、年齢を重ねていくと体力的にも厳しくなってきたため転職を考えるようになりました。その際に数ある職種の中から、比較的落ち着いて仕事ができるのではないかと考え、事務職を選択することにしました。
しかし、いざ転職活動をしてみると、ある程度年齢を重ねていることもあり、未経験ではなかなか採用してもらえませんでした。
不採用が続いたので、事務職に就くにあたって何か少しでも強みになるものが欲しいと、パソコンスクールに通い始めました。
そしてそのスクールの先生にその旨を話すと、パソコンの勉強にプラスアルファで簿記検定の勉強をすることを進められました。
パソコンスキルだけでなく、事務職の現場で他に活かせる資格があった方が転職には有利になるとのアドバイスを受け、取得することにしました。
結果、資格を取得したことで希望通りの事務職に転職することができました。

簿記検定を取得して何か変わりましたか?

簿記という科目は、学校に通っていたころから勉強をしていた科目ですが簿記検定の3級や2級を取得後にはビジネスというよりはほかの資格の取得のための橋渡しとしての知識としてのその後の勉強に役に立たったことが多いように感じられます。またこれから簿記の学習を始められる方のアドバイスや簿記とはどのようなものであるかということを伝えられたように思っています。とくに高校や大学などでは簿記の授業が行なわれている学校も多いもので、これから勉強を始められる方というのは簿記に対してのイメージというのがつかみにくいもので、このような初学者のためのアドバイスができるということがを取得して良かったと感じることだと言えます。

簿記検定の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

日商簿記検定の2級を2回受けて合格しました。双方2~3か月程度の勉強期間だったので、トータルで半年程度かかったと思います。具体的な勉強方法としては、まずはテキストを読んでテキスト内の問題を解いていく形で一通り進めました。その後テキスト対応の問題集を解きながらテキストを読んでいきました。1回目はそこで終了しましたが、2回目の受験では基本テキストと問題集の繰り返しに加えて、過去問題集や予想問題集を取り入れて実践的な問題演習を行いました。時間はきちんとはかって解くのがポイントです。1回目は時間が足りなくて不合格でしたが、しっかりシミュレーションを繰り返したことで2回目は合格点をとることが出来ました

簿記検定でTACを選んだ理由は何でしょうか?

簿記検定でTACを選んだ理由は、会計の専門学校の大手だったからです。お金をかけて勉強するからには確実に合格したかったので合格率の高いTACを選びました。また学校が働いている会社から近かったというのも選ぶ決め手になりました。他にも一度出席した講義を他の授業で再び受講できるなどフォロー制度が充実しているのも選ぶ理由になりました。私が勤務している会社は残業が多いので、これらのフォロー制度がある学校の方が都合がいいなと思ったらからです。実際フォロー制度はたくさん使わせてもらいました。
受講してみてTACを多くの人が選ぶ理由がわかりました。講義やテキストがとてもわかりやすく、簿記の知識がなかった私でもすんなりと理解することができました。熱心でわかりやすい講義は的を絞って教えてくれるので、無駄がなくここが重要なのだなというのがよくわかりました。テキストはイラストや図解がふんだんに入っているので、初心者でも理解しやすかったです。本当は受講料がもう少し安い学校を選ぼうと思っていたのですが、ホームページなどをきちんと確認して最終的にTACを選んでよかったです。簿記の知識がない私でも簿記2級まで合格することができたので本当に感謝しています。

簿記検定の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

簿記検定は4級から1級までありますが、2級以上は特に難しくなる傾向にあります。日商簿記に関しては年に3回の試験がありますが、自力で勉強する場合は参考書をきちんとマスターする必要があります。
試験対策としては、専門学校などに通うのが一番良いでしょう。しかし3級まででしたら、独学で勉強して合格することも可能であると思います。しかし2級以上になるとしかるべき学校に通う方が良いのではないでしょうか。
その他の試験対策としては、何冊もの参考書をマスターするよりも、自分で決めた1冊の参考書を何回も解いてマスターする方が良いのではないでしょうか。
簿記の勉強というと学校の勉強のように、分厚い参考書を読まなくてはならないイメージもありますが、そのようなことはしなくても良いのです。
もし試験に落ちてしまったとしても年に数回の試験が受けられますので、あきらめずに参考書を何回も解いて、試験に臨んでみましょう。そうすれば必ず合格するはずです。2級以上に合格すれば履歴書にも書くことが出来ますし、実社会でも役に立つ資格ですので、若いうちに取得しておいて損はないと思います。
試験のポイントは、1冊の参考書を何回も解くことです。

おすすめの記事