相続アドバイザー試験を受講しようとしたきっかけは?

母親が亡くなった当時私はまだ20歳で、喪主の経験もなければ相続の仕方も分からなかったので毎日混乱していました。親戚や生命保険会社の担当者などのサポートがあって何とか金銭や家屋の相続は叶いましたが、こんなときに気軽に相談できるような専門家が居ればいいのにと本気で感じたことを今でも覚えています。そんな経験が私を相続アドバイザーの資格獲得へと動かしました。死後相続や生前贈与に関する知識に乏しい方達に対して、親身に姿勢でサポートできる存在になりたいというのが最大の取得理由だったと言えるでしょう。
死後相続に関する基礎控除の金額が数年前に変わったように、相続アドバイザーは常に最新の相続事情や法律を勉強しなければいけないので結構大変だというのが正直なところです。しかし相続アドバイザーの資格を得たおかげで親が急死したことにより途方に暮れているような方に寄り添える仕事が出来ているので、今後も出来る限りの努力を続けるつもりです

相続アドバイザー試験を受講して何か変わりましたか?

相続アドバイザーを取得したことで変化したことは、相続に関する基本的な知識が整理されてきたという事です。他にも関連資格を取得していましたが、範囲が広いものが多いので知識がばらばらになってしまい、いまいち自信が持てないということがありました。現在勉強中の資格試験でも相続の知識が問われるのですが、相続分野が得意でも間違えてしまう問題がたまにあり、基礎が出来ていないことを感じていましたが、相続アドバイザーの取得後に正答率が上がりましたし、自信を持って解凍できるようになりました。直接仕事に役立てるというところまではいっていませんが、あいまいだった知識をきちんと整理できたという点が大きな変化だったと思います。

相続アドバイザー試験の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

私は相続アドバイザーに関心を持つようになり資格を取る決心をしたのですが、そのためにはかなりの勉強量を熟す必要があったのでとても苦労しました。
勉強方法はオーソドックスにテキストを購入して勉強したのですが、大型書店で探したらけっこう良さそうなテキストがあったので助かりました。
種類も参考書はもちろんのこと過去問題集も使って時間をかけて学習したのですが、勉強期間は1年程で毎日最低3時間は勉強するようにしました。
働きながら勉強するのは楽ではなかったのですが、通勤電車の中で集中力を切らすことなく勉強することが出来たので勉強時間に関してはそれほど辛いと感じることはありませんでした。
このような形で1年間勉強して何とか合格することが出来たので本当に良かったです

相続アドバイザーとしての知識を得るためにTACを選んだ理由は何でしょうか?

近い将来相続について対応しなければならないので、それまでにできるだけ自分でも学んでおこうと考えました。初めは自分で本などを購入して勉強していたんですが、どうしてもわかりにくく、一か所で躓くとそこから進めなくなってしまうのでだんだん面倒になってきていました。それで甘く考えずにしっかり学んだほうがよいと、いろいろと調べてTACで受講することにしたのです。相続アドバイザーというコースがありましたので、さっそく申し込みました。TACを選ぶ理由としては、やはり独学では学ぶ項目に漏れがあるという点と短期間で基礎が身に付くということです。TACでは相続アドバイザーの法的知識と実務知識の両方が順序立てて学べましたので、実際に相続にかかわる段階になってもあわてることなく対処できる自信になりました。相続が発生したときの一連の手続きをしっかり把握することができますので、手続き上何か忘れて損をするようなこともないので安心感があります。実際に試験にはスムーズに合格しました。やはりプロの手によるテキストはポイントを押さえていますので、試験はそれほど難しく感じませんでした。TACで相続アドバイザーを受講して本当によかったです。

相続アドバイザーの試験対策テクニックやポイントを教えてください。

さまざまな職種の中でも法律に関係した仕事に就きたいと願ってきました。そこで不動産や遺産を相続する際に顧客のサポートを行う相続アドバイザーの資格を得ることにしたのです。これまであまり馴染みのなかった資格ですので少し不安もありましたが、まずは全力で対策を立てようと考えました。まず、相続アドバイザーの試験内容をじっくりと調べ上げて専門知識を暗記することを心がけました。その後、アドバイザーに必要なノウハウを身につけるために、過去の事例を探してどのような結末に至ったのか調べ上げたのです。自分なりに試験対策を模索しているうちに、自然に理解できるようになりました。
さらに、相続する人に安心感を抱いてもらえるよう注意深く丁寧にカウンセリングを行う練習にも取り組んだのです。普段から接客マナーの本を読んで失礼のない態度を示せるよう学びました。そのおかげでお互いの信頼関係を築くことができたのではないかと感じています。このように、相続アドバイザーに合格するために自分にできることはなんでも頑張りました。特別な試験対策のポイントとしては、言葉遣いや誠実な姿勢を維持することが挙げられます。本気だ向き合う覚悟を持ってさえいれば、合格に近づけます。

おすすめの記事