理系公務員資格を取得しようとしたきっかけは?

理系公務員を取得しようと考えたのは公務員でもこちらの方が自分の趣味に合っているという事があったからです。建築物を設計して街づくりをするというような仕事は正に自分が望んでいた仕事でもありますから、それが出来るというのが一番の取得理由だったと思います。後は安定していて安心して仕事をすることが出来るという事もありますし、待遇が良いという事もありました。一般的な企業と比較しても公務員の待遇の良さはずば抜けていますし、老後という事を考えれば、これほど安全な生活設計はありません。リスクを出来るだけ抑えながらリターンは出来るだけ大きくというのが自分のモットーでもありますから、その考え方に沿うとすればまずこの理系公務員というのは大きな魅力となるものだったということです。特にこれでなければならないという事もありませんが、これである程度、自分の能力を証明することにもなるので、自分のやりたいことが出来る環境も作れるという事もありました。

理系公務員を取得して何か変わりましたか?

理系学部出身の私は大学の就職活動で民間企業に就職が決まり、張り切って仕事に勤しんだものの建設業という旧態然とした社風に馴染めず退職しました。そして一年休んでいる間に理系公務員を目指して勉強し、運良く資格を取得することが出来たのです。確かに勉強は頑張ったものの実は一年で簡単に自分が理系公務員になれるとは考えていなかったので、取得後には同じ大学の友達がやはり就職先の対応に悩んでいたので自分と同じようにやってみたらどうかと誘いました。民間にいたときも現在理系公務員となった後も、取り扱っている内容は同じなのですが立場がまったく違います。今までは検査される側でしたが、今では検査する側でありやりがいは何倍もあると思っています。

理系公務員の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

私は理系公務員になるために一生懸命勉強したのですが、勉強方法は市販の参考書と問題集を使って独学での勉強に加えて講義に出席して講師から指導も受けました。
一人で勉強して合格するのは無理があると考えて独学での勉強に加えて講義にも出席したのですが、これが私にとっては正解でそのおかげで分からない箇所があったら講師に聞くことが出来たので本当に良かったです。
勉強期間は半年間と長くはなかったのですが、それが却って良かった面もあり1日5時間集中して勉強することができました。
おかげで無事に理系公務員になることが出来たのですが、独学での勉強だけではなく講義を受けたことが合格の秘訣だったと考えており色々と指導してくれた講師にはとても感謝しています。

理系公務員でTACを選んだ理由は何でしょうか?

私は理系公務員を目指していましたが、より効率良く学習を進めていくために資格学校を探しました。その中で口コミ評価が高く、さらに講座も選択肢が細かく分かれていて自分の目指す道のコースが準備されていたTACを選ぶ事にしました。選ぶ理由は口コミというのが1番の理由かもしれませんが、それ以外でもやはり開講されてからの合格率が高そうという印象もあったこともあげられます。教室に通った上で講義を受けるという事も出来ますし、DVDや通信を利用しての講義というのも有りますので、生活スタイルに合わせて利用できるというのもメリットです。私の場合は学生だったこともあり、アルバイトもしつつ生活していたので通うというのは出来なかったのですが、DVDなどが充実しているので安心でした。もちろんどの講座を選ぶかによっても費用は変わってきますので、サイトを見れば明確にわかるという安心感もありました。
教材の質も良くて、分かりやすく作られていましたのでどんどん勉強がはかどりましたし、コースを選択する前のサポートなども充実していて、分からない事などは何でも聞くことが出来たので安心です。理系公務員に無事合格することが出来たのはこの学校のおかげです。

理系公務員の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

理系公務員になるということは、一般事務だけではなくそれぞれの専門分野を活かした部署での働きが求められていることになります。そこで、自分の受験する自治体の理系公務員はどんな仕事をしていて、そのためにどんな知識や技術を求められているのかを調べました。受験の要項を見てインターネットでその仕事について調べればおおよそのことはわかりました。そこで、その必要とされている知識や技術について集中して勉強することが最初の試験対策でした。次に受験する自治体の過去問を入手して繰り返し解きました。何年分か解いてみると大体の傾向がつかめました。理系の学習を中心に大学では学んできたので、関連法規や経済的なことについては苦手意識がありましたが、過去問を繰り返し解く中で少しずつ理解ができてきました。作文も得意な方ではありませんでしたが、テーマを決めて所定の字数で各練習やタイマーを使って時間内に書く練習など行い、これも数多く行ったことがよい結果になったと思います。面接については、知り合いの年配の方で管理職の経験をしておられる方がいらっしゃったので、面接の練習をしてもらいました。過去問にしたがって回答を暗記していたのですが、最初は戸惑ってなかなかはっきり言えず、それでも何回か練習させて教えてもらって次第に改善してきました。

おすすめの記事