教員免許を取得するために資格スクールはTACを選びました。

教員免許を取得しようとしたきっかけは?

教員免許の取得理由は、小さい頃からの憧れの職業だったからです。小学校の時の担任の先生がとても素敵な方で、大人になったらこんな先生になりたいと思っていました。教員への憧れから、小学校の時から近所の自分より年下の子供達に勉強を教えたり、プリントを作ったりして遊んでいたことを思い出します。実際に大学は教育学部を専攻して、教育実習に行った時も子供達が可愛くて毎日充実した日々を過ごし、より教員を目指す気持ちが大きくなったのです。もちろん、楽しいことばかりでなく大変なことやしんどいこともたくさんありました。反抗的な態度をとる生徒に、どう接したらよいか悩んだこともあります。出来るだけ自然に絶対怒らないようにして、その子の良い所を見付けて少しずつ打ち解けるように努力したら、教育実習の最後の日に感動的なお手紙を書いてくれて本当に涙がこぼれて仕方なかったです。この教育実習の経験は人生の中でも大きな思い出に残る出来事ですし、教員免許を取得しようと強く思ったきっかけとなりました。

教員を取得して何か変わりましたか?

教員というのは、おもに学校において英語や数学、国語などの教科の授業を教える者を教員といいますが、教諭とはまたちがう意味で用いられる言葉です。教員の免許と言うのはおもに大学などで単位を取得して免許を取得するものですが、取得後はどちらかと言えば臨時の講師として仕事をしていたことがありますが、ホームルームなどの担任の先生が受け持つようなことや文化祭や体育祭などの学校行事に参加するようなことはいままではとくになかったのが現状です。教諭になれば学校行事に参加したりクラスの担任を受け持つなどの仕事の内容というものが広がるもので、教員免許の取得のみの場合というのはおもな仕事の内容はそれぞれの教科の授業が中心です。

教員の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

最初に教員試験を受けたのは大学4年生の時でしたが、過去問を少ししたぐらいで完全に甘く見ていたので1次試験も通りませんでした。その後も2回不合格になり、さすがに3回目は本腰を入れて勉強し始めました。臨時講師をしていたので、勉強できる時間は限られていましたが、集中して学習して合格できました。本腰を入れて勉強した勉強期間は3月から7月までの4ヶ月間です。長い期間では中だるみすると思って、この期間は仕事が終わった夜と休みの日は1日中というように集中しました。勉強方法は過去問を入手して解くということと法律や教育学の知識はとにかく暗記しました。1次試験合格後の面接は、仲間の先生たちに模擬面接を何度もしてもらって自信をつけました。

教員免許試験でTACを選んだ理由は何でしょうか?

小さいころから教員になることが夢だったので、実現するために大学の教育学部へと進学をしました。教育学部では免許状などを取得することができましたが、採用試験に合格するための対策は学校の授業だけでは不十分です。自分なりに採用試験に向けた学習は進めていましたが、思うように勉強をすることができません。脚用試験を受験する学年が近づくにつれ、感じ始めたことは今の状態では合格することができないということです。焦りを感じ始めてきたので、インターネットなどで探していた時に見つけたのがTACでした。TACを実際に選ぶ理由になったのは、教科などの学習だけではなく論文試験の対策をしてくれることです。論文などを書くのが苦手だったので、適切な指導を受けることができ心強く感じました。採用試験では論文や一般教養など以外にも、面接が大きな比重を占めてきます。面接ではどのようなことを聞かれるのか不安でしたが、その対策もしっかりと行ってくれるので安心することができました。面接の練習は無制限で受けることができるので、自分が納得できるまで指導をしてもらえることも選ぶ理由です。インターネットなどを使いどこにいても講義などを学習できるため、必要な知識を身につけることができ合格することができました。

教員免許の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

子供の頃から学校の教員になりたいと夢見てきました。なんとかして教員採用試験に合格するために、毎日試験対策に取り組むことにしたのです。筆記試験では、各科目の平均点を満遍なく高めることを意識して復習を徹底的に行いました。少しでも点数をアップしたいと考えていたので、数学はケアレスミスが出ないよう何度もチェックして着実に成績を伸ばせるよう努力を積み重ねることができました。また、小論文テストは事前に対策を練り、時事問題にもしっかりと対応できるよう毎日新聞を読んで最新ニュースに関する知識を深めることで成長したと考えています。
さらに、教員採用試験の面接で好印象を残せるようスーツやヘアスタイルにも最大限気を配ることがポイントです。第一印象が大切ですので、清潔感を与える服装を心がけることによって無事に合格することにつながったのだと考えています。憧れの高校の教員になれて本当に努力が報われたと実感しているところです。夢を叶えるには、日頃からの綿密な事前対策がなによりも肝心といえます。本番で緊張しないようにメンタル面を鍛えることも重要です。本当に毎日頑張って勉強したことは自分自身の大きな成長にも繋がりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする