幼稚園経論と保育士

保育士や幼稚園経論は、一般的には「保母さん」とか「幼稚園の先生」と呼ばれています。
この二つは、同じような資格として見られていますが、現在は全く別物の資格とされています。
細かく言えば、管轄が違うようで、幼稚園教論は「文部省管轄の教師」、保育士は「厚生労働省管轄の福祉委員」となっています。

この「教師」と「福祉委員」に分けられているという点も議論の的となっていて、幼稚園と保育園の一元化が叫ばれています。今は、どちらかの資格を持っていれば、もうひとつを取得するのが比較的簡単になっているようです。

近い将来、実際に一元化が行われる日が来るかもしれません。
保育士に関しては2通りの資格取得方法があり、一つは短大、専門学校、保育系大学のいずれかを卒業する、二通り目は保育系以外の短大、専門学校、大学を卒業するという方法になっています。

保育系以外の学校を卒業した場合は、保育士試験をクリアしなければなりません。

幼稚園経論と保育士で資格取得する講座や学校はありますか?

近年少子化でありながら、保育園に入れない待機児童問題が浮上しています。保育園の数も少ないですが保育士の数も少なく、働く親にとっては頭の痛い問題でもあります。
保育士や幼稚園経論になりたいと考えたとき、この2つの違いにとまどうことがあります。まず保育士は厚生労働省の管轄で、幼稚園経論は文部科学省の管轄となっています。幼稚園経論は文部科学省の管轄であるので、教職員の扱いになり、資格を取得するには教職課程のある短期大学や大学、専門学校で必要な単位を修得し、卒業後得ることができます。もし、すでに違う職種で働いている場合で幼稚園経論の資格を取得したい場合は保育士の資格をとって、しかも実務経験を3年以上積み、さらに幼稚園教員資格認定試験を受験し合格をしなくてはなりません。
一方保育士の場合は厚生労働省の管轄であるので、指定された養成施設の学校で学ばなくても保育士試験に合格することで資格を取得することが可能です。大学や短期大学で学ぶ場合は最低でも2年間を要し、しかも費用がかかってしまうのが難点ですが、所定の単位を取得することで卒業時に資格を得ることができますし、実際に保育園など現場で実習をすることができるので、より仕事への理解を深めることができます。
独学で学ぶ場合は8科目の筆記試験に合格し、さらに筆記試験の科目にすべて合格することができた場合、実技試験へと進むことができます。実技試験は言語、音楽、絵画制作から2つの分野を選ぶことができるので、まずはしっかりと筆記試験に向けての学習をすると良いでしょう。科目数が多いですが、1年間ですべてを取得しなくても良く合格した科目は3年間有効であるので自分のペースで受験をすることができます。独学が難しい場合は通信教育などを利用して学んでみても良いでしょう。
実際に子供と触れ合うことで学習と実践とが結びついてきます。ボランティアなどに参加してより身近なものへと感じることが必要となってきます。

幼稚園経論と保育士で資格取得後に就職・転職支援サービスなどはありますか?

幼稚園経論転職の場合には幼稚園で働いていた方が転職をするということですから、当然その方は幼稚園教諭の免許を資格としてお持ちであるということになります。

あまり知られていないことですが幼稚園教諭と保育士では資格は異なっています。

上記に関して幼稚園教諭の資格をお持ちの方は幼稚園で勤務が出来ますが、逆に幼稚園教諭資格だけしかお持ちでない場合には保育園では勤務することが出来ません。

逆もまた然りであります。保育士転職をされる場合に、万が一に幼稚園しか周囲にない場所に行くことになってしまった際には仕事先を見つけることに苦労するケースも地域によっては存在します。

ただ幼稚園教諭も保育士も資格取得後に就職や転職支援サービスを受けることが多いに可能です。特に名古屋などの大都心部ではニュースでも報道がされているように、「人材確保が出来ない」というケースが相次いでおります。このことから資格取得後に就職をされたい場合にはパートであっても良い時給での待遇となる事が多いのです。

転職支援サービスなどのサイトを開いて見ると分かりやすいものですが「保育園不足」「幼稚園不足」これらが現在の日本では叫ばれています。もちろん、需要と供給が追い付いている地域もありますがそうでない地域が多いとされております。

更にはこちらで勤務をするためには、どうしても資格が必要になりますので保育士や幼稚園教諭の資格をお持ちの方が新しい仕事場を見つけることは容易です。

大都心の場合には24時間にわたりお仕事をされている人が多いことから、こうした親御さんのために資格をお持ちの保育士などが、夜間に勤務をされているケースも存在しております。

保育士や幼稚園教諭の方に向けた求人サイトなどにも、年齢などは不問とされていることや第二新卒でも可能、とある理由はこれだけ多くの人手が足りないと同時に、需要が高まっているためです。

このようなことから支援サービスとして、時給アップや数時間だけの勤務でも可能としている優遇された仕事先が存在しております。

おすすめの記事