司法試験を受講しようとしたきっかけは?

司法試験を目指した理由をよく聞かれますが、資格の取得理由は素晴らしい弁護士に出会ったことです。大学を卒業したら公務員になろうと考えていましたが、ある弁護士事務所で短期の仕事をしたときから弁護士という仕事に興味を持つようになりました。法律というと冷たいイメージを持っていたのですが、法律を駆使して他人を助ける先生方を見たときに意識が変わりました。すぐに専門学校の入学を決意して勉強を始めました。かなり大変な道のりでしたが、周りの人々のサポートがあったおかげで何とか自分の希望通りの道を進むことができています。
司法試験の勉強にはコツがあり、弁護士で司法試験の本を出している先生から効率よく勉強をすることを学びました。無駄な時間を極力減らして隙間時間も有効活用して勉強したことが実になっています。もともと労働問題には興味があったのですが、弁護士になったことでより深く労働問題と関わることができて嬉しく感じています。裁判官になれた暁には、社会的な事件や訴訟などでも名裁きを実現するためにも日頃から努力を怠らず努めてまいりたいと思っています。

司法試験を受講して何か変わりましたか?

日本でも最難関である司法試験に合格して、親や兄弟、親戚からも将来有望だと言われる様になりました。他にも親しい友人には将来、困ったことがあったら助けてくれとも言われております。
司法試験を取得後、裁判官・検察官・弁護士の資格を得ることも可能であり、裁判官を希望しています。なお任官のための試験も別に存在するため、司法試験を取得後も勉強を欠かすことはないです。
まずは試験に受からなければいつまでも生活自体が安定しなかったので、司法試験の目標が達成できて安堵しています。今までは机上の論理ばかりを追いかけていましたが、今後は実務的な要素も勉強して行かないといけないことを痛感している次第です。

司法試験の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

私の場合は法学部に通って法律についての知識や論文の書き方などが、4年間の勉強で染みついていたので、他学部出身の人に参考になるかは分かりませんが、司法試験と勉強方法と勉強期間について紹介します。
司法試験は一次試験の択一式と2次の論文試験の2つで決まる試験なので、私の場合は過去問を分析して、試験に出る確率の高い箇所を中心にその部分をパーフェクトに応えられるように1日12時間程度学習しました。
その結果詰込み学習が成功して、半年で1次試験を合格しました。
2次は一切勉強してなかったのですが、1回目の試験は記念受験のつもりで受けましたが、思ったよりも簡単だと感じたので手ごたえを感じましたが落ちました。
翌年に2次の論文対策を予備校や、大学の教授などに手伝ってもらって受験して1年半の勉強期間で合格しました。

司法試験でTACを選んだ理由は何でしょうか?

司法試験でTACを選ぶ理由は信頼できるカリキュラムと多くの合格者をだしているというところです。なるべく質の高いカリキュラムで勉強したいですし、司法試験は合格率が低いので確実に合格をつかみ取るためには実績を重視しました。しかし、司法試験に合格した後に課題が見つかりました。それは弁護士の数が増えていて、意外と仕事の依頼が来ないという問題です。弁護士になれれば仕事に困ることはないと思っていたのですが、自分の考えが甘かったです。第一線で活躍している弁護士は一握りで、大きい仕事は経験豊富な弁護士のもとに集中しています。なので、大きな弁護士事務所で小さな仕事からコツコツと積んでいくしか方法がないのです。数年大手の事務所で働いて独立をする方もいますが、ほとんどの方が仕事の獲得に苦労しています。司法試験の制度も少し変わり、今後はさらに資格を所有している人が増えていくことが予想できます。なので、弁護士は差別化を図る必要があります。今は弁護士として働いていますが、転職も考えているので、役に立ちそうな資格があったらまた取得したいです。頑張って司法試験に合格しましたが、持っているだけで使い道がなくなってしまうのは悲しいです。

司法試験の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

私の場合は法学部の4年生大学を卒業した後に法科大学院に行って司法試験を合格しましたが、いっしょに法科大学院に通っていた文学部の同級生は法律学も知らないし、法的な考え方の癖や法律論文の書き方も知らないので相当苦労していました。
法学部じゃ無ければ、法学の基礎的な考え方や思考方法を1年ぐらい掛けて身に着けてから勉強した方がいいと思います。
私は法学部で民法と刑法と憲法の基礎と訴訟法系などを得意としていたので、法科大学院の授業もかなり楽についていけました。
司法試験を短期合格するためにはまず、1次試験の択一式の試験を最短合格する事が先決だと先輩から聞いていたので、苦手な科目が解っていたので民法と民事訴訟法の不得意な相続関連の勉強しました。
刑法と刑事訴訟法と憲法は得意だったので、その分民法と民訴法に時間を割きました。
法科大学院以外にも試験を受けられる予備校があるのでそこで一次試験の模試を受けて合格ラインに達したら、すぐに司法試験の2次の勉強をあまりしていない状態で試験を受けて1次を通過しました。
1年目は1次通貨で、2年目は2次試験対策で論文の書き方の勉強と、受験予備校の2次予想問題の講義と過去問を解きまくりました。
その結果2年目に合格して、現在司法修習を受けて裁判官か検察官を目指してます。

おすすめの記事