医療事務の資格を資格スクールのTACで受講しました。

医療事務を取得しようとしたきっかけは?

私は医療事務の資格を持って、現在医療機関で勤務しています。医療事務の資格取得理由は、一番は手に職をつけたいと思ったからです。

私が就職活動を始める年代の頃は、約15年ほど前で就職氷河期と言われた時代でした。

4年生大学に進学してもなかなか希望の就職先がない時代で、大学3回生後半から就職活動してもなかなかうまくいきません。

先輩たちの就職状況を見ていても、職種を選ばなければ就職先自体が決まる方も多かったです。しかし、教育出版社の営業や呉服店の営業などで長続きできるかどうか正直不安な職種です。実際、就職した先輩たちは、数ヶ月ほどで退職する人たちが後を絶たず、その後の再就職のために、さまざまな資格を取得していました。

先輩たちの姿を見て、私は将来ずっと役に立てるような仕事、全国どこに行っても仕事がある職種を選びたいと思うようになりました。

親戚に看護師や医療事務など医療に携わる職種に就いてる人が多く、また私自身も当時リハビリ助手のアルバイトもしていたこともあって、自然と医療事務の資格を取得するきっかけとなりました。

おかげさまで、経験を重ね、転職にも困らず、医療事務の仕事をずっと続けられています。

医療事務を取得して何か変わりましたか?

仕事を辞めてから新しい就職先が見つかりませんでした。

アルバイトなどをしながら面接などを受けてもなかなか仕事が決まらないですごく悩んでいたのですが、思い切って医療事務にチャレンジしてみました。

比較的短期間で合格できたこともあって、それほど経済的にも負担にならなかったのはよかったです。

そして医療事務の資格を取得したことから、就職先の目標を絞り込むことが出来ました。

取得後は気持ち的にも自信ができて、資格を持っていることがすごくプラスに作用して面接もうまくいき、無事に就職することができました。

資格を取得することで、目標も定められるし自信にもなったので、医療事務にチャレンジしてよかったなとおもっています。

医療事務の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

子どもが生まれてそれまでしてきた仕事から離れたことで別の仕事をと思い、医療事務の仕事をめざしました。

専門学校に通うことは時間的にも無理がありましたので自宅ですることにしました。実際はじめて見ると計画通りに勉強はすすまなかったのです。

勉強方法というより勉強時間の確保が大変でした。期間は一応保育園に預けるまでの間で約2年間の猶予がありましたので自分なりに頑張ってしました。

その間には家族が入院した時もあり、問題集を見ていてもじっくりと取り組めなくなった時もあったのですが自分を奮い立たせて続けました。

勉強期間は予定の2年間より延びてしまったのですが資格を取ることができました。それを活かせる医院にパートで働いています。

医療事務試験でTACを選んだ理由は何でしょうか?

医療事務の士資格を取得しようと思ったきっかけは、子育てがひと段落して社会復帰しようと考えた時に、特に資格のない私には選べる業界や職場に限界があったからです。

希望の条件を満たす求人が少ないのが現状でした。

また、給与に関しても、最高で時給900円が良いところで、子供二人の教育費のために必要な資金を用立てることは難しい状況でした。

そこで、再雇用されやすくて、長く働ける環境化を求めて医療事務の資格を取得しようと思いついたのです。数ある、資格取得講座の中で私がTACを選んだ理由は、テキストが細かく説明されていることでした。

医療分野でのお仕事は初めてのことだったので、専門用語などわからないことが多い私には向いていると感じたのです。テキスト自体も見やすくて理解しやすかったです。

しかも、わからないことはメールなどで問い合わせができるのもメリットでした。

結局、試験の合格までに一度も問い合わせなどはしなかったのですが、それでも困ったときには相談できるところがあると思うだけで安心感はありました。

他にも選ぶ理由として挙げるとするならば、実際にTACの口座を利用したことのある人の口コミの評価が高かったことでした。

医療事務の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

医療事務の試験と言っても、どういった資格を取得されるかによって試験対策の内容も変わってくるかもしれません。

点数算定の知識が問われる資格でしたら、点数算定早見表や問題集を参考に勉強をされると良いです。

その際に初診料でしたら、初診料以外にも時間外加算や乳幼児加算などがあること、点数の加算ですので合計点数が変わってくることに注意しながら勉強すると良いと思います。

初診料以外にも、入院料や医学管理、検査、手術など様々な点数算定の項目があること、他の項目でも加算があることに注意です。

問題集の文章はよく読んで、患者さんが時間外なのか、初診の患者さんかどうかなど判断することです。

施設の届出について記載されている問題集もありますので、届出の内容にも注意した方がいいです。点数算定の試験では無い試験の場合もあるでしょう。

医療用語や略語などの知識も医療事務では電子カルテを操作するので、試験を受ける方がいると思います。

医療用語は普段、聞きなれない漢字や難しい漢字もあるので書いて覚えるとだんだん頭に入ってくるかもしれません。

略語はBT(blood type意味は血液型)などのアルファベットを略したものを意味とセットで覚えなければならないです。ただ、BTってアルファベットの頭文字をとったんだなと略されていないものをみると案外覚えやすいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする