就職活動時、資格の有無は大きな影響を受けますが就職してからも取得している資格の有無は給与などの待遇にも反映するので重要と考えて良いでしょう。

しかし、学生とは異なり社会人は働きながら資格取得の勉強を行う必要があり、難易度はより上がります。自分の仕事にはどのような資格取得が必要なのか、どの位の期間で取得できるのかを考慮して目指す資格を検討することとなります。

では、働きながらでも取得できる資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

資格おすすめは運転免許でしょう。学生時代に既に取得している方も多い自動車免許ですが、多くの業界、職種で採用条件に普通自動車第一種免許を条件としている場合が多々あります。これは20代や30代の自動車離れが問題視されているためでもあります。

更に、仕事で有利となるのは大型一種や普通二種などです。前述の普通自動車第一種免許で運転できるのは普通車や原動機付自転車ですが、大型一種であれば最大積載量6.5トンの大型なトラックやダンプカーなどの運転が可能となり、建築業界や土木業界では必須といっても過言ではありません。

免許取得には満21歳以上と年齢制限がある他、普通車免許、または中型免許、大型特殊免許を取得、その免許経歴が通算で3年以上の方が対象となります。

免許は指定の教習所で取得できますが、取得方法は通い、もしくは合宿があります。

合宿の方が比較的短期間で取得できますが、1週間から2週間は仕事ができなくなりますので働きながらでの免許取得は通いが適切となります。

一方の普通二種は旅客自動車を旅客運送のため運転しようとする際に必要な免許であるとされています。難しい言い方ですが、対象となるのはバスやタクシーなどとなります。

ちなみに、乗客の乗せて走る仕事は人の命を預かることでもあり、試験の判定は年々非常に厳しくなっています。一方で運転サービス業界において数少ない免許取得者の需要は大きく、必要とされています。

働きながら資格を取得する際に注意すべきポイントはありますか?

資格の取得は、社会人になってから重要性に気がつくことがあります。

この時には、必要に応じて資格の勉強する必要がありますが、働きながら資格を取得するのは並大抵の努力ではありません。

正確にいえば、努力自体は働いていてもいなくても変わりませんが、時間の使い方やモチベーションの壁がありますので、その二つの点に注意をする必要があります。

働きながらの資格取得ポイントを考えると、まずは時間の使い方になりますが仕事が終ったあとの時間は重要だとしても通勤する時間も馬鹿にはなりません。

通勤する時間を人によって異なりますが、平均すると1時間程度片道でかかっていることを考えるとその時間のあいだに勉強することが大きな差をつけるためのポイントと言えます。

往復2時間近くの時間を勉強時間に充てることができれば、学力をあげることができるでしょう。ただし、満員電車に揺られる場合や、満員電車でなくてもシートに座ることができない場合にはできる勉強の内容が限られていきます。

この場合には、何か覚えることを中心に行うとよいでしょう。

例えば、前日に行った勉強の復讐を電車の中で行うことで、定着力がアップしてきます。20時間以内に復讐することで、定着力が高くなるとのデータもありますので徹底して復讐の場を作ることが大事です。

また、歩きながらも勉強することは可能になりますので、これを覚えておくと効率的に勉強ができるはずです。とはいえ、歩きながら方を読むのは危険ですので、CDなどで録音されている予備校の講座などを聞くことで十分な勉強になるでしょう。

モチベーションを保ち方としては、周りが遊んでいたり彼氏が彼女とすごしていたりする場合には、途中で気力がなくなってしまうこともあります。

この場合には、遊び仲間は放って置き勉強仲間を作ることが大事になるでしょう。自分の勉強以外の情報を手に入れることができれば長い間モチベーションを保つことは十分に可能です。

働きながら資格を取得するのにお勧めの講座や学校はありますか?

自分のスキルを今まで以上にあげたいと感じたり、違う職種へと変更したいと考えたりした時、なにか資格を取得したいと感じます。

一般的な資格であれば通信教育などの資格取得講座を受講することで得ることができますが、国家資格などの場合は、資格取得学校や資格取得講座を受講し、自らも学習する必要が出てきます。

働きながら資格を取得したい場合、おすすめなのは保育士です。

近年待機児童問題が浮上しながらも、保育士が不足しておりなかなか改善しない傾向にあります。

保育士資格は国家資格であるので試験を受ける必要がありますが、短大卒以上であれば保育士専門の学校で学んでいなくても試験を受け合格することで資格を得ることができます。

保育士試験は2日にわたって行われています。

教科数が多く実技試験も課せられています。ですが、1年間ですべてに合格する必要はなく、次年度合格できなかった科目だけを受験することもできます。

実技試験においてもさほど難しくはなく、子供と接する機会がある人であればさらにハードルは低くなるでしょう。ですが、保育士試験は大変に難しく市販の参考書だけでは合格しにくい面があります。

マークシート式であるとはいえ、数字など細かい部分の違いを見つけなくてはならずしっかりと理解をしていないと正解を導き出せないようになっています。

そのため通信教育の資格取得講座を利用して出やすい問題を把握すると良いでしょう。

資格取得学校を利用する方法もありますが、資格取得学校の場合、その教科に関する理解を深めることはできますが、資格を取得するまでに時間が多くかかってしまう、費用がかさんでしまうといったデメリットがあります。

自分はいつまでに資格を取得したいのかという目標をまず持つことが必要となってきます。

働きながら資格を取得するのは、大変に難しいです。空いている時間や仕事が休みの日をうまく利用し効率よく勉強をしていく必要があります。

おすすめの記事