メンタルヘルス・マネジメント検定を取得しようとしたきっかけは?

メンタルヘルス・マネジメントの取得理由は、身近な人が精神的な病気を患ったことがきっかけです。これまでそういった病気の人と接したことがなかったのですが、初めて身近にメンタル疾患の人が出てとても戸惑いました。家族もどう接したら良いのかが分からなくて非常に苦労していましたので、そういう人たちの力になれないかと考えました。最近ではうつ病などを患う人も増えているのですが、まだまだ世間的には理解度が足りなくてお互いが嫌な思いをしてしまうこともあります。私も誰もが知っているような知識だけでなく、もっとも深い部分まで学んでみたいと考えてメンタルヘルス・マネジメントを受けることに決めました。社内で総務的な仕事をしてるのですが、メンタルヘルス面についてどのように管理しているかを考えなければならないというのも良いきっかけになりました。同じ部署で働く人は少ないので、それなら自分が学ぶのが手っ取り早いと考えました。

メンタルヘルス・マネジメント検定を取得して何か変わりましたか?

メンタルヘルス・マネジメント検定を取得することによって、落ち着いた気持ちで会社に勤務出来るようになりました。取得前はメンタル面での不安は常にあり、メンタル面で不安定になってしまったらどうしようといった不安も持っていましたが、この検定を取得後はメンタル面で不安が出そうになった場合の対応の仕方を具体的にまた理論的に知っているという知識や自信を持つことが出来ました。メンタル面の不安は人に相談するという対人的な対応しかないと思っていたので、この検定により実際的な知識による対応というものもあるけとがわかり、そういう面でもストレスの対応について自信が持てたと思います。また他の検定に比べて、必要な勉強なども比較的少なく手軽に取得することが出来るので、取得しておいて損することは無いと思います。

メンタルヘルス・マネジメント検定の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

メンタルヘルス・マネジメント検定を受けたのが今から5年前になります。当時行政書士資格試験に没頭していたこともあり、他にも何か手軽に受けられる資格試験はないかと本屋で色々な資格試験の本を眺めていたら、メンタルヘルス・マネジメント検定のことを知りました。もともt行政書士資格試験に培った勉強癖が身に付いていたこともあり、メンタルヘルス・マネジメント検定の勉強方法も何か特別なことはしてません。行政書士試験が終わったから勉強を始めたので、勉強期間は5ヶ月くらいでした。行政書士試験の勉強と並行して勉強しました。メンタルヘルス・マネジメント検定の勉強方法は、行政書士試験と同様にとにかくテキストを読み込んでその分野の過去問を解きました。それをひたすら試験日まで繰り返し行いました。

メンタルヘルス・マネジメント検定でTACを選んだ理由は何でしょうか?

心身に不調をきたして休職した部下が出たことをきっかけに、社内でメンタルヘルスケアへの関心が高くなりました。部下たちが仕事に集中できるように、何か関係のある資格はないか探す中でメンタルヘルス・マネジメント検定の存在を知りました。
私が独学ではなく学校に通おうと思ったのは、メンタルヘルスの知識が全くなかったからです。独学では仕事が忙しいことを理由に、学習をさぼってしまうのではないかという思いもありました。資格の学校はたくさんあるため、選ぶ理由はそれぞれ違うはずです。私がTACを選んだのは、限られた時間を使って効率的に勉強することができるからです。押さえておくべきポイントを解説してもらえるのは、学校へ通うメリットではないでしょうか。しっかり覚えるべきところを、きちんと解説してもらえれば初心者でも安心して学習を始められます。資格の学校に通う時間が取れるのか、仕事と並行して勉強できるのか気がかりでしたが、TACでは学習スタイルを選ぶことが可能です。通学と通信が選べるので、私は通信でDVDを使った学習スタイルを選びました。学校に通っているけれど、忙しいときは帰宅後や休日にじっくり学習できるのは便利でした。

メンタルヘルス・マネジメント検定の試験対策テクニックやポイントを教えてください

仕事上必要になってメンタルヘルス・マネジメントを勉強した時には試験まであまり日がありませんでしたので効率良く勉強しなければなりませんでした。それで試験対策を綿密に立てることになり、公式テキストをメインにして過去問も同時に行うという方式をとりました。テキストはただひたすらこなせば良いというのではなく、最新情報もきちんと確認しなければなりません。少し手間はかかりますが、せっかく覚えたことが最新情報でなければ意味がありませんので、この最新情報をチェックするというのが非常に大きなポイントです。なぜ学びながら最新の情報を見なければならないのかというと、後からそれが古い情報だと知った時に自分の中で記憶が曖昧になってしまうからです。最初から最新の情報をインプットすることで、スムーズに学ぶことができます。
期間にしたら2週間程度ではありましたが、十分に手応えはありました。調べてみると1ヶ月ほどかかるというところも多いのですが、実際には集中してこの二つに絞って取り組むことで2週間で間に合わせることができます。働きながらですので1日の勉強時間はそれほど長くありませんでしたので、時間的にもそれほどかけずにピンポイント学習に取り組むのがおすすめです。

おすすめの記事