プライベートバンカーの資格を取得しようとしたきっかけは?

政府のマイナス金利政策により、銀行の収益の柱で合った国債を買うだけでほとんど投資努力をしなくても運営できた夢のような時代が終焉しました。
その結果地方銀行でもニュースで話題になった詐欺的な融資を組織ぐるみで行う金融機関がでるなど、銀行員にとって厳しい時代を迎えました。
このまま手を子招いていたら、自分もいつリストラ候補として片道切符の左遷リストに掲載されかねないと思って、何か自分の市場価値を高める方法を探し始めました。
同僚の中には必死に人事部長など首切り専門職に、お中元やお歳暮シーズンにデパート商品券10万円を贈っている奴もいましたが、自分はそんな姑息で勿体ない事はしたくないので資格でも取ってスキルを上げようとしました。
そこで同僚とかもプライベートバンカーの資格を取得し始めたので、取り敢えずシニアプライベートバンカーの資格を取得しておけば使える人間だとアピールできると考えたのが取得理由でした。
仕事の合間に猛勉強して資格をゲットしようと頑張ってます。

プライベートバンカーを取得して何か変わりましたか?

政府のゼロ金利政策によって銀行員にも厳しい時代になったので、自分の価値を高めて少しでも給与査定をよくしようと思ってプライベートバンカーの資格を取得しました。
プライベートバンカー資格取得後は、名刺の肩書の脇にその資格が記載されて、営業相手にそれを見せると無かった頃よりも相手が専門家に見てくれるようになったようで、顧客になってくれた後でも以前よりも相談されるようになりました。
相談される回数が増えた結果、相談後のお客様が私の勧めた金融商品を今まで以上に契約してくれるようになり営業成績も上がりました。
また上司からも仕事をしながらスキルアップしている努力と前向きな所を評価してくれて、プライベートバンカー資格取得後には重要なプロジェクトを任されるようになりました。

プライベートバンカーの勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

政府のゼロ金利政策で銀行の経営も不透明になって、このままでは大規模なリストラが起こりそうなので、自己価値を上げるために受験してプライベートバンカーに受かりました。
3種類の難度があったので私は中級のプライマリープライベートバンカー資格を取得しましたが、自分で勉強すると効率よくないので資格予備校で講義を受けて大体勉強期間3カ月ちょっとで合格しました。
私の勉強方法は兎に角楽に受かりたかったので、資格予備校の講師が言っていた合格に必要最低限の部分と完璧に出来るようにして、保健のために少しでも正答率を上げようとして試験当日まで勉強を続けました。その結果合格最低基準点のちょっと上ぐらいでギリギリ合格する事が出来ました

プライベートバンカー資格取得でTACを選んだ理由は何でしょうか?

プライベートバンカーの資格を取得するというのは、私のスキルアップにつながることで今の仕事の幅が広がったりこれからいずれ独立したいという思いも合った事で資格取得をすすめられたこともあったので、受ける事にしました。然しあまり知識がなかったので、一から独学でというのは気が引ける所も有り、TACを利用する事にしました。資格を取得するためには、通信教育であったり講座を受けるという方法があると思いますが、私の場合は耳からも情報を得て効率よく学習していきたいという事があったのでTACにしました。しかもプライベートバンカーの資格に関してだけでも講座の数は1つではなく、自分に適したものを選択出来るというのが選ぶ理由としてあげられます。
他の資格しゅとくのための会社もみてみましたが、口コミでも高評価されていたり、講座の内容やコース分けも充実しているということで選びました。料金的な所をみても相場の範囲内でしたし、実際選んでよかったです。講義の内容は分かりやすく初心者でも理解がしやすかったです。またテキストでも大事なポイントがおさえてあり、それを学習すれば試験対策が十分にできると思います。資格取得が出来ましたしお世話になりました。

プライベートバンカーの試験対策テクニックやポイントを教えてください。

国内の銀行経営は政府のゼロ金利政策により壊滅状態で、最悪の場合はリストラされる可能性もあるので銀行員としてのスキルアップ目的で、プライベートバンカー資格を取得しました。自分で独学で受験しようと考えましたが、本屋さんにもマイナー資格過ぎて専門の問題集で良さそうな物が出て無かったので、資格試験予備校の社会人向けのレッスンを受ける事にしました。取り敢えず受験資格がないもないプライマリープライベートバンカー資格試験を受ける事にしました。出来るだけ仕事に支障を出したく無くて、講義は毎日受けずに2日に1回ずつ2時間の授業を週に4回のペースで受講しました。
講義中に授業に凄く集中して、ここだけは覚えた方がいいという箇所を試験対策で重点的に覚えて行きました。余力があっても大学受験生時代のように一生懸命に勉強に没頭せずに、仕事に支障がでないように最後の講義まで通い続けました。
社会人の試験対策のコツは学生時代のように勉強だけをゴリゴリやらずに、試験勉強中にイライラして来たらぐっすり寝て明日に回してできるだけストレスを溜めずに学ぶ事です。
その結果試験当日までずっとストレスを溜めずの勉強できて、試験には非常にリラックスした状態で受けられました。

おすすめの記事