ビジネスマネジャー検定試験をTAC受講して合格しました。

ビジネスマネジャー検定試験を取得しようとしたきっかけは?

日頃、働いている会社の上司から君もビジネスマネジャー検定試験が存在するから受検する様にと誘われたのが大きな取得理由です。

ビジネスマネジャー検定試験のことを調べてみると、主に経営者の意向を汲んだ組織作りに必要となる知識を学習でき、それを試験を受ける形で取得を目指すため勉強することに意義があると解りました。

近年は著しい経営環境の変化、インターネット時代の到来でビジネスモデルが根本的に変化している時代で、ビジネスのマネージャーの存在は必要不可欠です。

新規講座から学習することもできるため興味深く、自分の置かれている立場を意識して取得を目指そうと考えています。

特に自分の勤めている企業は多くの社員を抱えており、チームワークで仕事をすることが要求されるため、その仕事の遂行のためにも役立つ資格だと思ったのも取得理由です。

そのビジネスマネジャー検定試験に合格しても給料自体は変わりませんが、上司や経営者層からの評価も高まるので、頑張って取得しようと考えています

ビジネスマネジャー検定試験を取得して何か変わりましたか?

ビジネスマネジャー検定試験を受けようと思ったきっかけは、丁度社内で昇進の話が持ち上がっていたからです。

せっかく管理職に登用してもらえるかもしれないチャンス、社内の試験はもちろんのこと、最近良く話題にものぼっているビジネスマネジャー検定試験の資格も持っていれば、それだけ周囲に信頼を与えられるかなと思って受験を決めました。

この試験は始まったのが最近だということもあり、年数が経たないうちに受けた方が受かり易いと思ったのも事実です。

取得後は勉強した知識とおりに行かないこともありますが、社内では、上の人にも部下にも仕事に前向きな人だという印象を与えることが出来ているように思えます。

また、昇進も果たすことが出来たので自分の中でもますます仕事に対するモチベ-ションが上がったことは確かです。

ビジネスマネジャー検定試験の勉強方法と勉強期間はどれくらいでしたか?

ビジネスマネジャー検定試験を受けた際の勉強方法と勉強期間についてお話しします。

まず勉強方法についてですが、これは最初はキリが良いところまでテキストを読みました。

その後、問題集を解きました。テキストを読むだけでは理解したかわからないため、問題集で確認をしました。

また引っ掛けではないですが、テキストにはない多少難しいものもあることが多いので問題集はやって良かったと思います。

次に勉強期間ですが、私は約2ヶ月ほど取り組みました。最初の1ヶ月でテキストを読んで問題集を解く、ということを行いました。

そして残り1ヶ月で問題集をひたすら解き、解いた後にテキストを再度読み復習しました。後半の残り2週間では苦手なところのみを重点的に取り組み、完璧に仕上げるように意識しました。

ビジネスマネジャー検定試験でTACを選んだ理由は何でしょうか?

ビジネスマネジャー検定試験を取得するためにTACで勉強しようと思ったのは、様々なコースが用意されていて充実していると感じたからです。

また、無料での講座説明会やセミナーなども頻繁に開催されているのも魅力に感じたので、早速行ってみることにしました。

説明会に行って内容が分かりやすいということが分かったので、その場で新規講座に申し込むことにしました。

ちなみに、選ぶ理由として最大の決め手となったのが値段がお手頃だったという事です。

ビジネスマネジャー検定試験を取るためにはそれなりのコストをかけなくてはならないと思っていたので、1万円ちょっとで良いというのはかなりの驚きでした。

後は合格すれば良いだけなので、丸儲けしてやろうと思い頑張ることにしました。

無理のないカリキュラムでテキストも分かりやすくまとめられていたので、知識が身についている事が日々実感できました。

模試の結果も結構良かったので、かなり精神的に余裕を持った状態で受験当日を迎えることができました。

解答の仕方など合格するための秘訣を教えていただいていたので、時事問題にも上手く対応することが出来たのです。

おかげで合格という結果が得られたので、TACを選んでよかったと思っています。

ビジネスマネジャー検定試験の試験対策テクニックやポイントを教えてください。

ビジネスマネジャー検定試験を合格するためには、それなりの勉強量と努力が必要になります。

私自身もその勉強に費やした時間はかなりのものでした。

しかし努力をしたくても時間がないとか余裕がないという場合は、できるだけ効率よく試験をクリアする方法を模索することも大切です。

それゆえに試験対策としてテクニックやポイントを押さえることは重要な項目であると考えられます。そのテクニックの一つとして、捨てる問題と確実に正解する問題に分けることが挙げられます。

ビジネスマネジャー検定試験は問題によって配点の大小があるため、できるだけ大きな得点を取れる問題を重要視してそれに取り組むことで、効率よく得点を稼ぐことができました。

試験内容を過去問などで確認すると、文章量が多くて読むのだけでも時間がかかることが分かります。

それによって試験時間がオーバーしてしまうことも考えられるため、無駄に時間を消費してしまわないためにも問題に優先順位をつけることがとても役に立ちました。

これから試験を受けるという人も、私が実践したこのテクニックを使うことができれば安定して試験内容をこなすことができます。そして合格への切符を手に入れられる確率を高めてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする